ページの先頭です

特定疾病

[2020年6月25日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

特定疾病は、厚生労働大臣が定める以下の疾病をいいます。

  • 人工腎臓(人工透析)を実施している慢性腎不全
  • 血友病(血しょう分画製剤を投与している先天性血液凝固第8因子障害または、先天性血液凝固第9因子障害)
  • 抗ウィルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(HIV感染を含み、厚生労働大臣の定める者に係るものに限る。)

この疾病に関する診療を受けた場合には、保険医療機関等へ支払う金額は入院・外来ごと、医療機関ごとに、ひと月に1万円が限度額となります。

ただし、70歳未満の人で「人工腎臓(人工透析)を実施している慢性腎不全」の認定を受けている人で上位所得者(国民健康保険税の算定の基礎となる基礎控除後の所得が、600万円を超える世帯)は限度額が2万円になります。

申請手続きについては、こちら(別ウインドウで開く)をご覧ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?