ページの先頭です

平成28年4月以降のごみ処理の方策

[2021年4月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成28年4月以降のごみ処理

 平成28年4月以降、次期ごみ処理施設が稼働開始するまでの間、羽島市の燃やせるごみは、三重県伊賀市に所在する三重中央開発株式会社の「三重リサイクルセンター」で処理を行っています。

 処理までの流れは、下記のとおりです。

  1. 積替(燃やせるごみ収集運搬委託業者である株式会社山田組が積替施設を設置、運営)
  2. 運搬(三重中央開発株式会社および株式会社山田組が焼却施設へ運搬)
  3. 焼却(三重中央開発株式会社の「三重リサイクルセンター」で焼却、羽島市の燃やせるごみ全量受入可能業者はこの民間業者のみ)
  4. 処分(リサイクルまたは同センターの最終処分場に埋立て)

市が環境指導

 積替施設におけるごみの積み下ろしは、ごみ収集車の出入口が完全に閉まってから行います。また、臭いの拡散を防ぐため、脱臭装置を設け、24時間脱臭を行います。積替施設の設計については、臭いが外に漏れない配慮がされている先進事例に基づいて行われます。環境対策や周辺環境のモニタリングについては、積替施設を建設する燃やせるごみ収集運搬委託業者である株式会社山田組に対し、市が責任を持って指導します。

お問い合わせ

羽島市役所生活環境部生活環境課

電話: 058-392-9919

ファックス: 058-391-2100

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?