ページの先頭です

交通事故等で保険証を使用する場合

[2021年9月9日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

国保加入者、後期高齢者が交通事故等で保険証を使うときは届け出を

 交通事故など第三者から傷害を受け、医療機関などで治療を受けた場合、被害者に重大な過失がない限り加害者が治療費を負担することになります。しかし、加害者が経済的な理由などですぐにその治療費を支払えない場合、結果的に被害者が迷惑を被ってしまいます。

 このため、国民健康保険ではこうした場合、加害者に代わって治療費を立て替え、後で加害者から返済してもらう制度を設けています。

 交通事故などで保険証を使うときは、必ず事前に必要な書類を添えてお届けください。

 なお、後期高齢者医療制度で医療を受ける場合も同じ制度がありますので、詳しくは岐阜県後期高齢者医療広域連合のホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

届け出に必要な書類

 第三者の行為による被害届、承諾書、同意書、誓約書、事故発生状況報告書、事故証明書、人身事故証明書入手不能理由書、身分証明書を持参してください。

 なお、保険会社の方が代理で届け出る場合は、こちら(別ウインドウで開く)の様式をご利用ください。

補足

  • 事故証明書は、自動車安全運転センターで発行されます。
  • 次のいずれかにあたる場合、人身事故証明書入手不能理由書の提出が必要です。
  1. 事故証明書が「物件事故」扱いの場合
  2. 事故証明書が発行されていない場合
  3. 事故証明書に負傷した被害者が記載されていない場合
  • 身分証明書は、運転免許証、旅券(パスポート)、個人番号カード等

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?