ページの先頭です

中小企業信用保険法第2条第5項第5号(イ)

[2021年11月30日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

第5号認定(イ)【売上高等の減少】の申請をされる方へ

 事業者によって、以下の3つの条件(イ-①~③)のいずれに当てはまるかを判断のうえ、それぞれの様式により市窓口(産業振興部商工観光課 新庁舎2階)に申請書及び必要書類を提出してください。申請書はホームページからダウンロードすることができます。
   郵送で申請する場合は、「郵送提出時確認票」を添付してください。
 業種は、日本標準産業分類(平成25年10月改定)の業種区分になりますので、ご注意ください。

1 認定要件

【1】(イ)-①

次の要件を全て満たすこと。

(1) 1つの指定業種のみを行っている、または兼業者で行っている全ての事業が指定業種である。
(2) 最近3ヶ月間の売上高等が、前年同期比マイナス5%以上の中小企業者。
(補足)前年比較対象月が新型コロナの影響を受けている場合は、前々年同月と比較してください。

(イ)-① 記入例

【2】 (イ)-②

次の要件を全て満たすこと。

(1) 兼業者であって、主たる事業(原則1年間の売上高または販売量の最も大きい事業)が指定業種に属すること。
(2) 最近3ヶ月間の売上高等が、主たる事業に加え、企業全体の事業についても、前年同期比マイナス5%以上の中小企業者。
(補足)前年比較対象月が新型コロナの影響を受けている場合は、前々年同月と比較してください。

(イ)-② 記入例

(イ)-② 認定例

【3】 (イ)-③

次の要件を全て満たすこと。

(1) 兼業者であって、1つ以上の指定業種(主たる事業かは問わない)を行っていること。
(2) 指定業種の最近3ヶ月間の売上高等が、前年同期比で前年同期比マイナス5%以上減少していること。
(3) 企業全体の最近3ヶ月の前年同期の売上高等に対する、指定業種の売上高等の減少額の割合が5%以上であること。
(4) 企業全体の最近3ヶ月の売上高等が、前年同期比マイナス5%以上の中小企業者。
(補足)前年比較対象月が新型コロナの影響を受けている場合は、前々年同月と比較してください。

(イ)-③ 記入例

(イ)-③ 認定例

2 提出書類

(1) 認定申請書 1通  押印不要
(2) 法人の場合⇒商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)の写し 1通 電子可
    個人の場合⇒直近の所得税確定申告書の写し 1通
(3) 売上高比較表(SF5(イ)-①、SF5(イ)-②、SF5(イ)-③の添付書類のいずれか)  押印不要
(4) 郵送提出時確認票 (郵送提出の場合)

(補足)認定申請書及び売上高比較表以外は①~③共通です。

3 注意事項

(1) 連絡先電話番号を必ず記載してください。
(2) 数値は小数点第2位以下を切り捨てて記入してください。
(3) 売上は、日本標準産業分類(平成25年10月改定)の細分類別の業種ごとの記入をお願いします。(業種ごとの売上の記入ができない場合は、市に事前にご相談ください。)
(4) 当該認定が融資を確約するものではありません。
(5) 当該認定とは別に金融機関及び信用保証協会で審査があります。
(6) 認定書は有効期限内であれば、複数の融資に利用が可能です。その場合は、認定書の写しが必要となります。

4 関連リンク

お問い合わせ

羽島市役所産業振興部商工観光課

電話: 058-392-9943

ファックス: 058-391-2100

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?