ページの先頭です

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の発行

[2021年7月27日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

【7月26日申請開始】海外渡航予定の方に発行

 海外の渡航先への入国時に、相手国が防疫措置の緩和等を判断するうえで活用することを目的に、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を記載した接種証明書を交付します。
 この接種証明書は、海外渡航の際に必要な方に交付するものです。それ以外の方が接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」又は、「接種記録書」をご利用ください。

パスポート見本

申請対象者

新型コロナウイルスワクチンを接種した方で、海外渡航の予定がある方

  • 現に海外渡航の予定がない方、接種を受けていない方、予防接種法の対象外となる方は発行対象外です。
  • 接種時に住民登録のあった自治体に申請をしてください。住民票所在地が、1回目のワクチン接種時は羽島市、2回目の接種時は他自治体の場合、1回目分は羽島市、2回目分は他自治体で発行します。

申請方法

7月26日から申請受付を開始

 申請方法は郵送もしくはホームページ専用サイトからお申し込みください。

 ホームページ専用サイト(ワクチン接種証明書の申請)(別ウインドウで開く)

 (注意事項)ホームページ専用サイトから申請する場合、旅券、接種券、接種済証の画像データが必要です。

 郵送の場合、申請書は次の様式をダウンロードしてください。

概要

 申請書に必要事項をご記入のうえ、以下の書類を同封し、送付先まで郵送してください。

  • 手数料は当面の間、免除(無料)です。
  • 申請は原則、接種の翌日から可能です。2回目接種の翌日以降に申請してください(1回目と2回目を異なる自治体で接種した場合は、それぞれの接種の翌日以降に申請してください)。
  • 申請書類に不備があると、申請を受け付けることができません。
  • 証明書の発行は、申請書が羽島市ワクチン対策室に届いてから10日程度かかります。

送付先

 〒501-6292 岐阜県羽島市竹鼻町55 

 羽島市役所 新型コロナワクチン対策室

必要な書類

  1. 新型コロナウイルスワクチン接種証明書交付申請書
  2. 旅券(パスポート)の写し(旅券番号・ローマ字氏名が確認できるよう複写されたもの)
  3. 本人確認書類の写し(運転免許証・マイナンバーカード・健康保険証等、官公署が発行した証明書で、住所が記載されたもの)
  4. 接種券の写し
  5. 接種済証の写しまたは接種記録書(医療従事者や高齢者施設等の従事者に対して発行されたもの)の写し

(注意事項)ワクチン接種証明書は市から普通郵便で本人宛に郵送します。郵送事故の責任は負いかねますので、ご希望の方は、簡易書留や特定記録郵便の分の切手を申請書に同封してください。)

該当する方のみ必要な書類

  1. 旧姓・別姓・別名の併記がある旅券をお持ちの場合:旧姓・別姓・別名を確認できる本人確認書類の写し
    (注意)接種券と旅券の氏名が異なる場合。
  2. 送付先が住民票所在地と異なる場合:被接種者の所在(送付先)が確認できる資料の写し
    例:住民票所在地は羽島市だが、単身赴任等でA市に在住していて接種をA市で行った方など。
  3. 送付先が羽島市外の住民票所在地の場合:住所記載の本人確認書類の写し
    例:1回目の接種時は羽島市に住民票があり、羽島市で接種。しかし、A市に転居し2回目の接種はA市で行った方など。
  4. 代理人による請求の場合:委任状
  5. 接種券、接種済証・接種記録書を紛失した場合
    マイナンバーが確認できる書類または住所記載の本人確認書類の写し(運転免許証・健康保険証・官公署が発行した証明書等(パスポートは除く)
    (注意)接種記録の確認のために時間を要する場合があります。

注意事項

  • 接種証明書は、接種済証またはワクチン接種記録システム(VRS)に記録された情報をもとに発行します。
  • 接種証明書の発行により、ワクチン接種を強制するものではありません。
  • 接種証明書を所持していないことをもって、海外への渡航ができなくなるものではありません。
  • この接種証明書は、接種証明書を提示することにより防疫措置の緩和等が認められる国や地域に渡航する場合に限って申請していただくようお願いします。
  • この接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。いずれの国や地域への渡航時に活用できるかについては、最新の状況が外務省のホームページで随時公表される予定です。
  • 現時点では、接種証明書を持っていることによって日本への入国時の防疫措置が緩和されることはありません。日本の入国時の防疫措置については、「水際対策に係る新たな措置について」のページでご確認ください。

お問い合わせ

 接種証明書の一般的・制度的事柄に関する質問は、厚生労働省新型コロナウイルスワクチンに係る電話相談窓口までお問い合わせいただくか、「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について(厚生労働省ホームページ)」をご覧ください。

厚生労働省の問い合わせ先

厚生労働省 新型コロナウイルスワクチンに係る電話相談窓口(コールセンター)

電話 0120-76177

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)(別ウインドウで開く)

よくある質問と回答

証明書が手元に届くのはいつ頃ですか?

 申請書が市に届いてから、10日前後で発送します。
 接種証明書を必要とする国に14日以内に入国する予定がある等、お急ぎの場合は、電話で羽島市のワクチン対策室にご相談ください。その場合パスポート等の必須書類に加え、渡航日・渡航先が分かる資料(飛行機のチケットの写し等)が必要です。

2つの異なる会場でワクチンを接種したが、どこに申請すればよいですか?

 接種時に住民登録のあった自治体に申請してください。
 例:住民票所在地が、1回目のワクチン接種時は羽島市、2回目の接種時はA市の場合。1回目分は羽島市、2回目分はA市で発行します。

家族の分をまとめて申請したいのですが、どのようにしたらいいですか?

申請は、本人からの申請・本人への交付を原則としています。
本人以外の方が申請する場合は、委任状等書類が必要になりますので、前述の【必要な書類】を確認のうえご提出ください。

例:夫が、妻、子の分をまとめて、3人分の申請したい場合の必要書類

  1. 新型コロナウイルスワクチン接種証明書交付申請書(それぞれの方の分、計3枚)
  2. 旅券の写し(それぞれの方の分、計3枚)
  3. 接種券の写し(それぞれの方の分、計3枚)
  4. 接種済証の写し(それぞれの方の分、計3枚)
  5. 本人の自署による委任状(妻から夫への委任状1枚、子から父への委任状1枚、計2枚)
    (注意)15歳未満の方については委任状は不要です。法定代理人(親権者・未成年後見人)の本人確認書類が必要です。
  6. 該当者それぞれの本人確認書類の写し

(注意)その他、場合によって必要な書類に該当がある場合は合わせてご提出ください。

パスポートの有効期限が切れていて、更新手続き中ですが、接種証明書の交付を受けることはできますか?

 有効なパスポートではないため、証明書は発行できません。なお、パスポートが更新される場合には旅券番号が変わるため、接種証明書は新しい旅券番号で発行する必要がありますのでご注意ください。

入国時に当該証明書の提示を求める国は何カ国程度ありますか?

 国(外務省)からの回答は以下のとおりです。
 現在、我が国が発行する接種証明書を受入れ、防疫措置等を緩和してもらうべく、各国の接種証明書及び制限緩和措置に関する情報収集等を行っているところです。具体的に利用が可能となる対象国・地域及びその緩和措置については、外務省ホームページにおいて適時情報提供することとなります。外務省ホームページにて、日本が発行した接種証明書の諸外国での受け入れ状況について情報を公開する予定です。また、新型コロナワクチンコールセンター(電話:0120-761-770)において、国民からの問い合わせに対応します。

お問い合わせ

羽島市役所健幸福祉部子育て・健幸課

電話: 058-392-1111

ファックス: 058-391-5934

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?