ページの先頭です

マイナンバーカード・通知カードを紛失したら

[2021年3月31日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

通知カードを紛失した場合

通知カードを紛失や焼失などした場合は、お住まいの市町村で届出が必要です。

(注)ご自宅以外で紛失された場合は警察に遺失届を行い、受理番号を控えてきてください。

なお、法改正により、令和2年5月25日以降、通知カードの再交付はできなくなりました。(詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

通知カード以外で、マイナンバーを証明する書類が必要な場合は、マイナンバー入りの住民票をお取りいただくか、マイナンバーカードの取得が必要です。(詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

手続きする人

本人又は代理人

本人が届け出る場合に必要なもの

本人確認書類(詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

代理人が届け出る場合に必要なもの

上記本人確認書類に合わせて以下の書類等が必要です。

A.法定代理人の場合(申請者本人が、未成年の方、成年被後見人の方)

  戸籍謄本(羽島市に本籍がある方、本人(15歳未満の者)と法定代理人とは同一世帯で親子関係にあることが住民票で確認できる場合は不要です)、登記事項証明書など資格が確認できるもの

B.法定代理人以外の代理人の場合

  委任状

マイナンバーカード(個人番号カード)を紛失した場合

  1. マイナンバーカードの悪用を防ぐため、下記のコールセンターに連絡し、カード運用の一時停止を行ってください。(コールセンターでの一時停止の手続きは24時間365日受付)

    ・マイナンバーカード総合フリーダイヤル(無料) 0120-95-0178
    ・個人番号カードコールセンター(全国共通ダイヤル)(有料) 0570-783-578

  2. 一時停止後、自宅外でカードを紛失した場合(盗難にあった場合も含む)は、最寄りの交番または警察署に遺失届を提出してください。遺失届の受理番号の控えはマイナンバーカードの再交付手続に必要となりますので紛失しないようご注意ください。
  3. 市役所でカード紛失の手続を行ってください。また、カードの再交付を希望する場合は、あわせて再交付手続を行うことができます。

(注)上記のカード紛失の手続を行う前にカードが見つかったときは、市役所でカード運用一時停止解除の手続を行ってください。この手続を行うことでカードが再度利用できるようになります。

(注)カード再交付済の場合に旧カードが見つかったときは、見つかった旧カードを市役所に返納してください。

(注)マイナンバーカード以外で、マイナンバーを証明する書類が必要な場合は、マイナンバー入りの住民票をお取りいただくか、再度マイナンバーカードの取得が必要です。(詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

カード紛失の手続に必要な書類

マイナンバーカードの紛失、焼失等を証明する書類(自宅内で紛失した場合は不要)

  • 紛失や盗難の場合は、遺失届の受理番号のわかるもの
  • 焼失等の場合は、消防署等が発行する罹災証明書

本人確認書類(詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

委任状(任意代理人の場合)

マイナンバーカード再交付の手続き

マイナンバーカードを紛失した場合や破損、焼失等により使用できなくなった場合は、マイナンバーカードの再交付申請をすることができます。(原則有料)

届出に必要な書類等

再交付手数料

(注)カード再発行800円、カードに搭載可能な電子証明書の再発行が200円となります。

(注)再発行するカードに電子証明書の搭載を希望する場合は、800円+200円で1,000円の手数料がかかります。

本人確認書類(詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

注意事項

代理人が申請される場合は、来庁される方によって手続き等が異なるため、事前に市民課までご連絡ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?