ページの先頭です

台風シーズンに備えて

[2023年8月10日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

台風は、事前に備えることができる災害です。

気象情報に注意して、出来ることから準備しておきましょう。

台風が来る前に

台風が来る前に次のことを確認しておきましょう。

  • 瓦のずれなどを補修して、瓦や屋根などが飛ばされないようにする。
  • 塀やアンテナ、看板等をしっかり固定する。
  • 側溝や排水溝は、掃除をして水はけをよくしておく。

台風が接近してきたら

台風が接近したら次のことに注意しましょう。

  • 大雨のときは、雨で増水した用排水路に転落する事故が多いため、不要不急の外出をしない。
  • 鉢植えや物干しざおなど、飛ばされそうなものは屋内に移動させる。
  • 外からの飛来物の飛び込みに備えて、カーテンやブラインドをおろしておくか、雨戸を閉める。
  • 停電に備え、懐中電灯や携帯ラジオ、予備の電池を用意する。
  • 家の周辺に浸水の危険性を感じた場合、外には出ず、建物の2階以上へ避難する。

自主避難所の開設

羽島市に台風が接近・上陸する恐れがあり、日常生活への影響が懸念される場合、気象状況等を勘案し、自主避難所を開設します。 

自主避難所を開設する施設

コミュニティセンターを自主避難所として開設します。

 開設に関する詳しい情報は、市ホームページや同報系防災行政無線、はしメールでお知らせします。

自主避難所利用時のお願い

  1. 食料品、日用品などの提供はしません。 あらかじめ各自で食料、飲料水、携帯ラジオ、着替え、毛布など最低限の必要品を準備のうえ、開設している自主避難所に避難してください。
  2. 自主避難所敷地内は禁煙とし、酒類の持ち込みも禁止します。
  3. 避難情報が発令された場合、事前に自主避難をされている方について、緊急避難場所への移動をお願いします。
  4. 自主避難所として指定された部屋とトイレ以外の使用はご遠慮ください。また、備え付けの設備等にも手を触れないでください。
  5. 各自が出した ゴミなどは各自で持ち帰る とともに、退所時は入所者が相互に協力のうえ、使用した部屋などの片付けにご協力ください。

避難所に避難する際の注意事項

避難所には多くの避難者の方が集まり、感染症の発症リスクが高まります。自分の身を守るため次の準備をしましょう。

次の準備をしましょう

  1. 自宅の災害の危険性を確認
  2. 親せきや友人宅等、避難所以外への避難の検討
  3. 服薬している薬や体調管理のためのサプリメント等を用意
  4. マスク、石鹸、体温計等を用意
  5. 受付時に必要な「避難者カード」を事前に用意
  6. マスクの着用し、「健康状態チェックカード」を記入しておく

お問い合わせ

羽島市役所市長室危機管理課

電話: 058-392-9915

ファックス: 058-394-0250

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?