ページの先頭です

農地の賃貸借契約を解約するには

[2019年5月7日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

農地法第18条第6項の規定による通知書

 農地の賃貸借契約を解約するには、原則として知事の許可を受ける必要があります。(農地法第18条第1項)
 しかし、貸人・借人お互いの合意による解約で、土地の引渡しの時期が、合意が成立した日から6ヵ月以内であり、かつ、その旨が書面で明らかな場合には、知事の許可がなくても解約することができます。

 ただし、解約等をした日の翌日から数えて30日以内に、その旨を農業委員会へ通知する必要があります。(農地法第18条第6項)

必要書類

 提出が必要な書類は、次の通りです。

 〇農地法第18条第6項の規定による通知書

 〇農地賃貸借解約書

 〇該当する筆の登記簿謄本(全部事項証明書) ※法務局にて取得

 ※このほかに、賃貸人が提出する場合には、賃借人の印は印鑑登録印を使用し、賃借人の印鑑証明書を添付してください。

 ※随時、受け付けています。

 ※提出部数は1部です。

お問い合わせ

羽島市役所農業委員会事務局

電話: 058-392-9963

ファックス: 058-391-0905

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?