ページの先頭です

子宮頸がん予防ワクチン定期接種

[2022年7月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨を再開しました

 令和4年4月より子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨を再開しました。また、積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方のうち、下記対象者はキャッチアップ接種として、令和4年度から令和6年度までの期間に限り、接種費用が無料になります。

 ワクチンの有効性とリスクを十分理解したうえで、接種をご検討ください。なお、接種は3回行い、完了までには半年程度必要です。ワクチンの有効性とリスクについては、厚生労働省作成のリーフレットをご覧ください。また、よくあるご質問等が厚生労働省ホームページ(別ウインドウで開く)に掲載されておりますので、ご参照ください。

定期接種対象者

小学校6年生から高校1年生に相当する年齢の女子(標準的な接種期間は、中学校1年生の間)

 平成18年4月2日生から平成22年4月1日生の方のうち、ワクチンを接種していない方には、令和4年3月31日付で予診票を送付しています。小学校6年生で接種を希望される場合は、予診票をお渡ししますので、母子健康手帳を持って羽島市役所 子育て・健幸課へお越しください。

 また、平成18・19年度生まれの方は、令和5年度以降、通常の接種対象(小学校6年生から高校1年生)年齢を超えても、令和7年3月31日まで接種できます。


キャッチアップ接種対象者

平成9年4月2日生から平成18年4月1日生の女子

 対象者には、令和4年7月1日付で予診票を送付しています。接種の際は以下の点にご注意ください。

  • ワクチンの接種回数は3回です。過去に自費で3回の接種(2価または4価)を終えている場合は接種できません。
  • 過去に1~2回の接種を終えている場合は、接種から期間が空いていても初回からやり直すことなく、同一のワクチンで残りの回数分を接種してください。
  • 9価ワクチン(シルガード)は公費接種の対象ではありませんが、すでに9価を3回接種している場合は、2価または4価を接種する必要はありません。

 また、接種をご希望の方で、予診票がない場合は発行しますので、母子健康手帳を持って羽島市役所 子育て・健幸課へお越しください。

(注意)接種費用が無料となる期間は令和4年4月1日から令和7年3月31日までです。


接種方法・接種場所

 接種方法や接種場所については、下記のファイルを参考にしてください。

 羽島市以外の医療機関で接種を希望される場合は、事前に羽島市役所 子育て・健幸課までお問い合わせください。

お問い合わせ

羽島市役所健幸福祉部子育て・健幸課

電話: 058-392-1111

ファックス: 058-391-5934

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?