ページの先頭です

転入届

[2021年4月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 羽島市以外から羽島市に住所を変更される方は、転入届が必要です。

 受付時間は平日の午前8時30分から午後6時、休日開庁日(毎月第4日曜日等)午前9時から午後4時(別ウインドウで開く)です。 

(注)3月と4月は休日開庁日が変則的になりますのでお問い合わせください。

(注)休日開庁日(第4日曜日等)はマイナンバーカード、住民基本台帳カードを利用した転入届はできません。また、転入届と同時にカードの継続利用や、券面の記載事項変更もすることができませんのでご注意ください。

転入届(日本人の方)

届出期間

転入した日から14日以内

届出人

・本人

・世帯主(世帯で異動する場合の異動者の中の世帯主)

・代理人(委任状が必要)(ページ下部参照)

必要なもの

・転出証明書(前住所で交付されたもの)

・届出人の本人確認書類(詳しくはこちら)

・異動者全員分のマイナンバーカード(お持ちの方のみ、暗証番号の入力が必要)

・住民基本台帳カード(お持ちの方のみ、暗証番号の入力が必要)

・賃貸契約書等(アパートやマンションにお住まいの方)
(注)住所・方書等の確認のため、提出をお願いする場合があります。

・その日から住んでいたことが確認できる書類(賃貸契約書、公共料金の領収書等)
(注)届出期間を過ぎた転入の場合、提出をお願いする場合があります。

海外から転入する場合

1.入国日が分かる全員分のパスポート
(注)空港の自動化ゲートを利用して日本に入国された場合は、パスポートに入国日のスタンプが押印されませんので、お手数ですが自動化ゲート通過時に入管職員へパスポートへの入国スタンプの押印を申し出てください。

(注)パスポートに押印がない場合は、℮チケットを印刷したものや帰国時の飛行機搭乗券の半券等、入国日が分かるものを併せてお持ちください。

2.戸籍謄本および戸籍の附票(本籍が羽島市以外の方)

注意事項

 すでにどなたかがお住まいの世帯に転入される場合は、その世帯の世帯主の承諾・同意書が必要です。(ページ下部参照)
 なお、世帯主の承諾・同意書をお持ちいただけなかった場合は、窓口で確認させていただきます。

転入届(外国人の方)

届出期間

転入した日から14日以内

届出人

・本人

・世帯主(世帯で異動する場合の異動者の中の世帯主)

・代理人(委任状が必要)(ページ下部を参照)

必要なもの

海外からの転入

・入国者全員分の在留カード、特別永住者証明書、または外国人登録証明書のいずれか1点

・入国者全員分のパスポート(旅券)

国内(羽島市外)から転入

・異動者全員分の在留カード、特別永住者証明書、または外国人登録証明書のいずれか1点

・転出証明書(前住所地で交付されたもの)

・異動者全員分のマイナンバーカード(お持ちの方のみ、暗証番号の入力が必要)

・住民基本台帳カード(お持ちの方のみ、暗証番号の入力が必要)

注意事項

・世帯主との続柄を証する文書(婚姻証明書や外国政府機関等が発行した文書、その日本語翻訳)が必要となる場合があります。

・転入届を代理で行う場合は委任状が必要です。(ページ下部参照)

・すでにどなたかがお住まいの世帯に転入される場合は、その世帯の世帯主の承諾・同意書が必要です。(ページ下部参照)
(注)世帯主の承諾・同意書をお持ちいただけなかった場合は、窓口で確認させていただきます。

・賃貸契約書等(アパートやマンションにお住まいの方)
(注)住所・方書等の確認のため、提出をお願いする場合があります。

・その日から住んでいたことが確認できる書類(賃貸契約書、公共料金の領収書等)
(注)届出期間を過ぎた転入の場合、提出をお願いする場合があります。

転入届の委任状

世帯主の承諾・同意書

マイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カードを利用した転入届

 マイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カードをお持ちの方は、それらを利用した転入届を行うことができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?