ページの先頭です

障がい者の法定雇用率引き上げ

[2021年1月6日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和3年3月1日から、障がい者の法定雇用率が引き上げになります

障害者雇用率制度

 従業員が一定数以上の規模の事業主は、従業員が占める身体障害者・知的障害者・精神障害者の割合を「法定雇用率」以上にする義務があります。

 現在、民間企業の法定雇用率は2.2%です。従業員を45.5人以上雇用している事業主は、障害者を1人以上雇用しなければなりません。

 令和3年3月1日から法定雇用率が2.3%に引き上がるため、対象となる事業主の範囲は43.5人以上に広がります。従業員43.5人以上45.5人未満の事業主の皆さまは特にご注意ください。

 詳しくは厚生労働省ホームページをご確認ください。

 障害者雇用のルール(別ウインドウで開く)(厚生労働省ホームページ:外部サイト)

 障害者雇用に関する優良な取り組みを行う中小事業主への認定制度(もにす認定制度)(別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?