ページの先頭です

住民票とマイナンバーカード等への旧氏(旧姓)併記

[2021年11月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

概要

住民票とマイナンバーカード等に旧氏(きゅううじ)を併記することができます。

婚姻等で氏(うじ)に変更があった場合でも、従来称してきた氏がマイナンバーカード等に併記されることで、旧氏を各種証明に使うことができます。

希望される方は、市民課窓口で申請手続きを行ってください。

旧氏

旧氏とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。


住民票、個人番号カード等に記載できる旧氏

 旧氏を初めて記載する際には、任意の旧氏を記載できます。

  • 一度記載された旧氏は、婚姻等により氏が変更されてもそのまま記載が可能です。
  • 旧氏は、他市区町村に転入しても引き続き記載されます。
  • 登録した旧氏は、住民票や印鑑登録証明書において省略することはできません。
  1. 氏が変更した場合には、直前に称していた旧氏に限り、変更可能です。
  2. 登録した旧氏は削除することができます。
  3. 削除後に氏が変更した場合に限り、削除後に称していた旧氏の再記載が可能です。


申請に必要な持ち物

以下のものを持参して申請をしてください。


本人が申請する場合

  • 併記を希望する旧氏から現在の氏に至る戸籍謄本等
  • マイナンバーカードまたは通知カード
  • 本人確認書類(免許証等の顔写真付きのもの1点、または健康保険証等の顔写真付きではないもの2点)

本人以外が申請する場合

  • 併記を希望する旧氏から現在の氏に至る戸籍謄本等
  • マイナンバーカードまたは通知カード
  • 代理人の本人確認書類(免許証等の顔写真付きのもの1点、または健康保険証等の顔写真付きではないもの2点)
  • 委任状(任意代理人の場合)
  • 法定代理人の場合、以下の書類

    親権者・・・戸籍謄本  

                      (注意)本籍が羽島市にある場合など、本市で親権者であることが確認できる場合は省きます。

    未成年後見人または成年後見人・・・登記事項の証明書    


受付時間と窓口

  • 時間  月曜日から金曜日まで 午前8時30分から午後5時15分まで (年末年始、祝日除く)
  • 窓口  市民課窓口(市役所 庁舎1階)

  詳しくは総務省ホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?