ページの先頭です

浄化槽

[2021年4月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

浄化槽の設置に補助

 市では、し尿と生活雑排水を併せて処理する浄化槽(合併処理浄化槽)を設置する人に対して、 予算の範囲内で費用の一部を補助する制度を設けています。

対象となる建物

  • 自己の専用住宅
  • 併用住宅の場合は住居部分のみ
補助金の額
 人槽 5人槽 6(7)人槽 8から50人槽
 補助金額 332,000円 414,000円 548,000円

 下水道事業計画地域以外の地域に限る

浄化槽の義務

法定検査

 法定検査は、指定検査機関の検査員が現場で検査します。検査員は必ず身分証明書を持参しています。 検査の結果書は後日送付されます。法定検査の結果書は3年間保存してください。

  • 7条検査
      新たに設置された浄化槽については、浄化槽法第7条の規定により、その使用開始後3ヶ月を経過した 日から5ヶ月間に、県知事が指定した検査機関(財団法人岐阜県環境管理技術センター)の行う水質に 関する検査を受けなければなりません。
  • 11条検査
      すべての浄化槽について、浄化槽法第11条の規定により、7条検査の受検後毎年1回、定期的に県知事の 指定した検査機関(指定検査機関)の行う水質に関する検査を受けなければなりません。
      これは、浄化槽の保守点検及び清掃が適正に行われているかどうか、浄化槽の性能が正常に維持 されているかを検査し、不適事項があれば早期に正すことを目的としています。

保守点検

 保守点検は、浄化槽が正常に働いているかどうか、放流水の状況はどうか、汚泥のたまり具合は どうかなどを調べ、浄化槽の正常な機能を維持し、異常や故障などを早期に発見し、予防的な措置を 講じるために必要なため、必ず行ってください。
 保守点検は、浄化槽法に基づいた基準に従って行わなければなりませんので、知事の登録を 受けている専門業者に委託してください。      

清掃

  1. 定期清掃
     年1回(全ばっき方式は概ね6ヶ月)、浄化槽内部の汚泥、汚物、異物などを取り除き、各装置の掃除を しなければなりません。清掃を行わないと浄化槽の機能に異常をきたし、十分な処理がされなかったり、 悪臭を発生させる原因となりますので、必ず行なってください。
  2. 最終清掃
     下水道に変更するなど、浄化槽の使用をやめる場合は、必ず最終清掃を行ってください。
  • 下水道に変更するなどで浄化槽の使用をやめるときや、くみ取り便槽を取り壊すときには、必ず最終清掃(汚泥の 引き抜き等)やくみ取りを実施する。
  • 最終清掃・くみ取りの実施に当たっては、次の市の許可業者に依頼し、適切に処理する。
  • 清掃は、市の許可業者へ依頼してください。
浄化槽の清掃及びし尿の収集運搬の許可業者(H18年12月現在)
業 者 名電話番号対 象 地 域
トバナ産業(株)398-3807名鉄竹鼻線より西の地域
中央清掃(株)羽島営業所391-2934名鉄竹鼻線より東の地域
(有)アサノクリーン398-4093名神高速道路より南の地域

 前記の最終清掃を怠った場合など、法律に違反すると「五年以下の懲役もしくは一千万円以下の罰金」に処せられます。

浄化槽管理者に関する届出書類

浄化槽休止届

 浄化槽の使用を休止したい場合は、使用休止のための清掃を行い、休止した日から30日以内に清掃記録を添付のうえ、「浄化槽使用休止届書」をご提出ください。

浄化槽再開届

 使用を休止した浄化槽の使用を再開したい場合は、使用する前に浄化槽の保守点検を実施し、再開した日から30日以内に保守点検記録を添付のうえ、「浄化槽使用再開届出書」をご提出ください。

浄化槽廃止届

 浄化槽の使用を廃止・撤去する場合は、浄化槽の最終清掃を実施したうえで、使用を廃止した日から30日以内に清掃記録を添付のうえ、「浄化槽使用廃止届書」をご提出ください。

浄化槽管理者に関する届出書類

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

羽島市役所生活環境部生活環境課

電話: 058-392-9919

ファックス: 058-391-2100

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?