ページの先頭です

出生届

[2020年3月31日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

届出するにあたって注意いただきたいこと

すべての届書に共通している注意事項(詳しくはこちらへ)

 

 

出生届出するにあたって注意いただきたいこと
届出期間生まれた日を含めて14日以内
14日目が休日・祝日の場合は、その休日が明けてから初めての平日
(国外で出生したときは3カ月以内。出生届とともに、国籍留保届をしないと、日本国籍を失う場合があります。)
※上記届出期間を過ぎた場合、戸籍届出期間経過通知書への記入が必要です。
届出人① 生まれたお子さんの父または母(婚姻中でない場合は母)
② ①が届出できない場合 同居者
③ ①②が届出できない場合 出産に立ち会った医師、助産師
④ ①②③が届出できない場合 その他の者

※窓口に届出書を持参される方は、上記届出人でなくても可能です。ただし届出書に署名するのは上記届出人でお願いします。
※署名欄に押印いただく印鑑は、朱肉を使う印鑑でお願いします。
届出場所・本籍地
・届出人の所在地
・生まれたお子さんの出生地
・一時滞在地
いずれかの市町村役場

お持ちいただきたいもの

・出生証明書 (医師又は助産師に記入、押印してもらったもの)
・母子健康手帳
・国民健康保険証(加入する場合)
・届出人の印鑑(朱肉を使うもの)

※出生届提出時に乳幼児医療児童手当の手続も行ってください。
 休日夜間受付窓口にて届出された場合は、電話により届書の内容等確認させていただく場合があります。また、母子健康手帳の証明欄の記入を行いますので、後日改めて市民課窓口開庁時間帯に母子健康手帳を持参してください。

※住民登録が羽島市にあり、届出を羽島市にされた場合、新聞掲載(岐阜新聞「おめでた」・中日新聞「おめでた出生」)の可否をお聞きしています。

※平成27年10月1日より、羽島市へ出生届を提出し、希望された方に誕生記念証を発行いたします。詳しくはこちらへ

子の名に使用できる文字

※子の名に使用できる文字は一定の制限があります。
  こちら(外部リンク:法務省ホームページ)でご確認ください

届出書の記入例はこちらです

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?