ページの先頭です

令和4年度受益者負担金賦課対象区域及び下水道供用開始区域

[2022年4月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和4年度受益者負担金賦課対象区域及び下水道供用開始区域

令和4年度賦課対象区域

 下図のとおり、令和4年4月1日より新たに供用開始される赤色の区域で下水道事業受益者負担金が賦課されます。

令和4年度下水道供用開始区域図

 下水道事業受益者負担金は、土地の面積1㎡当たり440円です。

 4月中旬に、区域内に土地を所有している人へ「下水道事業受益者申告書」を送付しますので、必要事項を記入の上、経営課へご提出ください。

 納入通知書は、7月に各家庭へ発送します。

 納付方法は、一括納付と分割納付があり、一括納付の場合は報奨金が交付されます。

下水道事業供用開始区域図

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

令和4年度供用開始予定区域

 令和4年度4月から新たに下水道が使用可能となる区域は上図の赤い区域です。
 供用開始区域は、10.09ヘクタールで、市全体の供用面積は1032.35ヘクタールとなります。

供用開始される区域

 正木町

 須賀字村北の一部、須賀字道下の一部、須賀字明城寺の一部、須賀字中畑の一部、坂丸字一丁目の一部、須賀本村の一部、

 福寿町

 本郷字大島の一部

  上中町

   長間字流の一部、中字村付の一部

排水設備工事について

 下水道が供用開始する区域では、し尿浄化槽をお使いの場合は遅滞なく、くみ取り便所をお使いの場合は3年以内の下水道接続が義務付けられています。

 なお、下水道の接続に伴う排水設備工事は、市下水道指定工事店で施工しなければなりませんので、見積もりや工事を依頼されるときはご注意ください。

 下水道への早期接続にご協力をお願いします。

羽島市下水道指定工事店一覧

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?