ページの先頭です

羽島市学習支援ボランティア事業

[2017年4月3日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

羽島市では、教員OBや大学生等のボランティアが、母子家庭や父子家庭(「ひとり親家庭」と言います。)の児童の学習を支援したり、児童から気軽に学習相談を受ける事業(学習支援ボランティア事業)を行っています。

経済面・精神面で不安定な状況に置かれがちなひとり親家庭の児童が、学習習慣を身につけ、ボランティアとの交流を通して、健全に育つことを目的としています。

実施方法:「一般財団法人岐阜県母子寡婦福祉連合会」に委託して実施

対象児童:ひとり親家庭の小中学生

実施形態:学習塾形式(1回2時間以内で毎週土曜日)または家庭派遣方式(1家庭あたり1回2時間以内で週1回程度)
※中学3年生は、回数を増やせます。

場所:大日堂(羽島市竹鼻町飯柄)

費用:無料
※ただし、学習に使用する教材費や学習塾形式の会場への交通費は学習支援を受ける児童の家庭の負担となります。

申し込み先:一般財団法人岐阜県母子寡婦福祉連合会事務局(TEL 058-274-0494)   

お問い合わせ

羽島市役所健幸福祉部子ども家庭センター

電話: 058-392-1168

ファックス: 058-394-0025

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?