ページの先頭です

羽島市コミュニティバスについてのよくあるお問い合わせ(FAQ)

[2016年11月24日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

羽島市コミュニティバスについてのよくあるお問い合わせ(FAQ)

運賃について

Q.運賃はいくらですか。

A.一人一乗車100円です。

 

Q.運賃はどのように支払えばよいですか。

A.乗車するときに運賃箱に100円を入れてください。

 

Q.割引になる券はありますか。

A.回数券と1日乗車券と定期券があります。

 

Q.回数券はいくらですか。

A.回数券は100円券が11枚つづりとなっており1,000円で購入できます。

 

Q.回数券はどのように買えばよいですか。

A.乗車するときに運転手から購入するか、岐阜羽島バス・タクシー㈱事務所にて購入してください。

 

Q.回数券を使ってどのように支払いに使えばよいですか。

A.切り取ってから乗車するときに運賃箱に入れてください。

 

Q.1日乗車券はいくらですか。

A.1日乗車券は250円です。

 

Q.1日乗車券はどのように買えばよいですか。

A.乗車するときに運転手から購入してください。

 

Q.1日乗車券はどのように使えばよいですか。

A.乗車するときに日付がわかるよう運転手に掲示してください。

 

Q.1日乗車券は回数券で購入できますか。

A.購入できません。

 

Q.1日乗車券は払い戻しはできますか。

A.払い戻しはできません。

 

Q.1回乗車した後に1日乗車券を購入したいのですが1回目の運賃の払い戻しはできますか。

A.払い戻しはできません。

 

Q.定期券はどのような種類がありますか。

A.通勤用、通学用、65歳以上の高齢者用があり、それぞれ1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月用があります。

 

Q.定期券はそれぞれいくらですか。

A.通勤用1ヶ月3,600円、3ヶ月10,000円、6ヶ月18,000円です。

    通学用1ヶ月3,000円、3ヶ月8,000円、6ヶ月12,000円です。

    65歳以上の高齢者用1ヶ月1,500円、3ヶ月4,000円、6ヶ月6,000円です。

 

Q.定期券はどこで申し込み・購入するのですか。

A.岐阜羽島バス・タクシー㈱事務所にて申し込みし、購入してください。バス車内での購入の手続きはできません。

  ※平成28年10月1日より羽島市役所生活交通安全課で申し込みのみ受付します。代金の支払い、受け取りは、これまでどおり岐阜羽島バス・タクシー㈱本社のみの取り扱いとなります。

 

Q.定期券の申し込みはどのように行えばよいですか。

A.申込書類に必要事項を記載して、郵送、ファックスまたは岐阜羽島バス・タクシー㈱に申込書を持参してください。

郵送先住所:〒501-6301 羽島市舟橋町宮北1丁目21番地

ファックス:058-391-3235

 

Q.定期券を購入するときに本人確認書類は必要ですか。

A.通学用定期券を購入される方は学生証を、高齢者用の定期券を購入される方は保険証など年齢が証明できるものをご用意ください。

 

Q.定期券申し込みの当日受け取ることができますか。

A.申し込みの当日に受け取ることはできません。発行には、約1週間時間をいただきますので、後日、岐阜羽島バス・タクシー㈱から連絡をさせていただきます。

 

Q.定期券のお金はいつ支払えばよいですか。

A.申し込み時または定期券お渡し時にお支払いください。

 

Q.岐阜羽島バス・タクシーはどこにありますか。

A.羽島市舟橋町宮北1丁目21番地です。

  JR岐阜羽島駅から徒歩約5分。駐車場はあります。

 

Q.平成28年10月1日から使いたいのですがいつから申し込めますか。

A.申し込みは、利用日の14日前からできます。

  平成28年10月1日から利用する場合は、9月17日から申し込みができます。

 

Q.定期券はどのように使えばよいですか。

A.乗車するときに有効期限がわかるよう運転手に掲示してください。

 

Q.定期券で乗車できる路線はどこですか。

A.「東・西・中・温泉はしまわる線」「南部線」どの路線にもご乗車できます。

 

Q.定期券の払い戻しはできますか。

A.払い戻しできますが月割り計算となるため、有効期限が1ヶ月未満になっている場合など、払い戻しができない場合があります。

 

Q.未就学児はコミュニティバスに無料で乗れますか。

A.無料です。

 

Q.未就学児と乗るときにはどうすればよいですか。

A.未就学児であることを運転手に伝え乗車してください。

 

Q.障がい者はコミュニティバスに無料で乗れますか。

A.障がい者及びその必要とする介助者1名は無料です。ただし、障がい者本人は無料乗車証を掲示する必要があります。

 

Q.障がい者手帳を持っていますが障がい者手帳を提示すれば乗れますか。

A.障がい者手帳を示すだけでは乗車はできません。無料乗車証の提示が必要です。

 

Q.障がい者用の無料乗車証はどこで申し込めばよいですか。

A.生活交通安全課(本庁舎1階)に申し込んでください。


Q.障がい者の無料乗車証の申し込みに必要なものは何ですか。

A.本人の写真1枚(縦4cm×横3cm)、印鑑、身分を証明できるもの(障害者手帳もしくは療育手帳)が必要です。

 

Q.現在持っている障がい者用の無料乗車証は使えますか。

A.これまでどおり使うことができます。

 

Q.現在持っている75歳以上の無料乗車証は使えますか。

A.平成28年4月1日以降は使えません。

 

よくあるご質問(運賃)

運休日について

Q.はしまわる線の運休日はいつですか。

A.日曜日、祝日、12月29日から翌年1月3日までの間です。

  その他、悪天候時や災害の発生の場合など欠便の場合があります。

 

Q.南部線の運休日はいつですか。

A.運休日はありません。

  ただし、悪天候時や災害の発生の場合など欠便の場合があります。

 

よくあるご質問(運休日)

乗り換え案内について

Q.羽島市民病院にはどのようにバスを利用すればよいですか。

A.羽島市民病院へ停車する路線は、西・はしまわる線と温泉・はしまわる線の全便と、東・はしまわる線と中・はしまわる線の第1便になります。

 東・はしまわる線と中・はしまわる線については、第1便を除いて病院へ停車しないため病院からのお帰りや第2便以降での出発の場合は、乗り継ぎをすることになります。

 

Q.羽島温泉にはどのようにバスを利用すればよいですか。

A.羽島温泉へ停車する路線は、中・はしまわる線と温泉・はしまわる線になります。

  東・はしまわる線と西・はしまわる線は、停車しませんので乗り継ぎをすることになります。

  また、南部線は日曜日及び祝日のみ、羽島温泉を経由する便があります。

よくあるご質問(乗り換え案内)

その他について

Q.現在持っている75歳以上用の羽島温泉利用証は、使用できますか。

A.使用できますが、コミュニティバスには無料で乗車できません。

 

Q.現在持っている身体障害者等用の羽島温泉無料利用証は、使用できますか。

A.使用できます。コミュニティバスにも無料で乗車できます。

 

Q.車椅子での乗車はできますか。

A.乗車できます。準備のため、事前に希望乗車バス停と時間を岐阜羽島バス・タクシー㈱にご連絡ください。

 連絡先電話番号は、058-391-2205です。

 

Q.車内に忘れ物をしたのですがどうしたらよいですか。

A.岐阜羽島バス・タクシーにご連絡ください。

 連絡先電話番号は、058-391-2205です。

 

よくあるご質問(その他)

  

 羽島市コミュニティバスの路線図、時刻についてはこちらをご確認ください。

お問い合わせ

羽島市役所市民部生活交通安全課

電話: 058-392-1163

ファックス: 058-391-2161

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?