ページの先頭です

ダンボールコンポストで可燃ごみの減量に取り組んでみませんか?

[2022年1月13日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 生ごみには、水分が多く含まれています。これは、可燃ごみ量の増加につながっており、焼却処理にも多くの燃料が必要となります。
 生ごみの水分をよく切ってから出すことが大切ですが、各家庭で生ごみを処理する方法もあります。
 その一つの方法が、「ダンボールコンポスト」です。ダンボール箱を使って生ごみを堆肥に変えるこの方法は、家庭でできる環境対策です。ごみの減量化につながるとともに、すべてを土に還す自然のサイクルとなります。  

ダンボールコンポストのつくり方

ダンボール箱に生ごみを入れて「たい肥化」する「ダンボールコンポスト」のつくり方についてご紹介します。

準備するもの

  • ダンボール箱 1箱
  • 底敷用ダンボール 1枚
  • 基材(ピートモス15リットル、くんたん10リットル)
  • ガムテープ(クラフトテープ)
  • 虫除けカバー(Tシャツでも代用可能)
  • ダンボール箱をのせる台(風通しのよいもの)
  • 新聞紙
  • スコップ
  • 温度計
  • 霧吹き

つくり方

  1. ダンボール箱の底など、つぎ目をすべてガムテープでふさぎます。
  2. 箱の底に下敷き用のダンボールを一枚敷き、底を二重にします。
  3. 基材のピートモスと、くんたんを3対2(15リットルと10リットル)の割合でダンボール箱の中に入れ、よくかき混ぜます。
  4. ダンボール箱を設置します。(設置する場所は、雨が当たらず、風通しがよい場所が適しています。また、直接地面にダンボールを置くと、底が湿気で抜けてしまうため、網目状の台の上にのせてください。)
  5. スコップで基材の中心あたりに穴を掘り、生ごみを投入します。
    一日の目安は、三角コーナー1杯分(200グラムから500グラム)です。
    生ごみ投入のコツ 生ごみを投入する前に、前日入れた生ごみと基材をよくかき混ぜ、中心部に穴を掘り、そこに生ごみを投入します。入れる前にかき混ぜて穴を掘る「混ぜ埋め方式」で行ってください。全体をかき混ぜると、ダンボールの強度が悪くなるため、生ごみの周りをかき混ぜる程度にしてください。
  6. 虫除けのカバーをかぶせます。
  7. 3ヶ月程度生ごみを入れ続けてください。
  8. 3ヶ月経過後、もしくはアンモニア臭がしてきたら、生ごみを入れるのをやめてください。→「熟成期間」にはいります。
  9. 週に1回500ミリリットルから1リットルの水分補給とかき混ぜを行います。これを3週間ほど続けると完成です。水を入れても温度が上がらなければ、堆肥として使えます。

羽島市公式You Tubeチャンネルでも動画を公開しています。Let's Try ダンボールコンポスト(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

羽島市役所生活環境部環境事業課

電話: 058-392-1162

ファックス: 058-391-2100

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?