ページの先頭です

入籍届

[2021年4月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

離婚後の父(母)の氏を称するとき等

入籍届
届出期間届出した日から成立の為、届出期間はありません。家庭裁判所の許可がいる入籍届は、許可が下りてからなるべく早く届出してください。
届出人

1. 入籍する人(入籍する人が15歳以上の場合)

2. 入籍する人の法定代理人(親権者・未成年後見人等。入籍する人が15歳未満の場合)

(注意1)窓口に届出書を持参される方は、上記届出人でなくても可能です。ただし届出書に署名するのは上記届出人でお願いします。
(注意2)署名欄に押印いただく印鑑は、朱肉を使う印鑑でお願いします。

届出場所・現本籍地
・新本籍地
・届出人の所在地
・一時滞在地
いずれかの市町村役場
必要なもの・届出人の印鑑(朱肉を使うもの)
・戸籍謄本(現新本籍及び届出地全てが同じ市町の場合は不要)
・家庭裁判所の入籍許可の審判書謄本(不要な場合もありますので、詳しくは戸籍係にお尋ねください。)

父母離婚後の子の入籍届

 離婚届後、戸籍を異動した側の人の戸籍にお子さんを異動させるためにはこちらの届出をしてください。

 離婚届出によって戸籍を異動する人に親権を定めたとしても、お子さんの戸籍は異動しません。離婚後も父又は母が離婚前の氏を名乗り続ける場合は、お子さんと氏は一緒です。しかし戸籍が異なっている為、お子さんの戸籍の異動を希望される場合この届出が必要です。

手続きの流れ 

  1. 離婚届出によって戸籍に離婚事項の記載が完了します。(離婚後の戸籍は離婚届出後、作成までに時間がかかります。いつ頃戸籍ができるかは、戸籍係にお尋ねください。)
  2. 家庭裁判所に子の氏の変更許可の申請をしてください。申し立てをする家庭裁判所や、申し立て時の必要書類等につきましては外部リンク:家庭裁判所「子の氏の変更許可」でご確認ください。
  3. 市役所に入籍届をしてください。家庭裁判所から入籍の許可審判がおりた後の届出になります。入籍届をする際お子さん一人につき、一通届出をして頂くことになります。複数人のお子さんにつき同時に届出をする場合、戸籍謄本が必要な場合は、お子さん側の戸籍謄本はまとめて1通で構いません。家庭裁判所の審判書を必ず添付してください。

その他の入籍届

ケースによって、必要書類等異なってきますので詳しくは戸籍係にお尋ねください。

 

 

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?