ページの先頭です

死亡届

[2020年3月31日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

届出するにあたって注意いただきたいこと

死亡届出するにあたって注意いただきたいこと
届出期間死亡を知った日を含めて7日以内
7日目が休日・祝日の場合は、その休日が明けてから初めての平日
(国外で亡くなられた場合は3ケ月以内)
※上記届出期間を過ぎた場合、戸籍届出期間経過通知書への記入が必要です。
届出人① 同居の親族
② 同居していない親族
③ ①②が届出できない場合 同居者
④ ①②③が届出できない場合 家主
⑤ ①②③が届出できない場合 地主
⑥ ①②③が届出できない場合 家屋管理人
⑦ ①②③が届出できない場合 土地管理人
⑧ ①②③が届出できない場合 公設所の長
⑨ ①②③が届出できない場合 後見人
⑩ ①②③が届出できない場合 保佐人
⑪ ①②③が届出できない場合 補助人
⑫ ①②③が届出できない場合 任意後見人

※窓口に届出書を持参される方は、上記届出人でなくても可能です。ただし届出書に署名するのは上記届出人でお願いします。
※署名欄に押印いただく印鑑は、朱肉を使う印鑑でお願いします。
届出場所・死亡者の所在地・本籍地
・届出人の所在地・本籍地
・死亡地・一時滞在地
いずれかの市町村役場
必要なもの・死亡診断書 (医師又は助産師に記入、押印してもらったもの)
・届出人の印鑑(朱肉を使うもの)
・届出人の資格を証明する書類・登記事項証明書等(上記⑨~⑫の人が届出人になった場合)
※市営斎場及び霊柩車の使用については、詳しくは羽島市営斎場(別ウインドウで開く)をご覧ください。
その他

夜間に死亡届出された場合、届書はお預かりしますが、埋火葬許可証などは翌日の日中に交付します。

死亡届に押印した印鑑を持参して、受け取りにお越しください。

※夜間での埋火葬許可証などの交付はできませんので、ご注意ください。

届出書の記入例はこちらです

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?