ページの先頭です

婚姻届

[2021年4月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

結婚するとき

婚姻届
届出期間

届出した日から成立のため、届出期間はありません。

(注意)外国の方式による婚姻は3カ月以内

届出人

夫及び妻
(注意1)窓口に届出書を持参される方は、上記届出人でなくても可能です。ただし届出書に署名するのは上記届出人でお願いします。

(注意2)署名欄に押印いただく印鑑は、朱肉を使う印鑑でお願いします。

届出場所・本籍地
・届出人の所在地
・一時滞在地
いずれかの市町村役場
必要なもの・届出人夫及び妻の印鑑(朱肉を使うもの)
・戸籍謄本(届出地に本籍のない方)
・国民健康保険証(加入者のみ)
・年金手帳(加入者のみ)
・届出人の本人確認できるもの(運転免許証など)
  •  届書には証人として、成年の方の2人の署名押印が必要です。(民法739条)
    未成年者は父母(養父母)の同意が必要になります。(詳しくは戸籍係にお尋ねください。)
  • 外国籍の人との婚姻の場合、必要書類が日本人の場合と異なります。(詳しくは戸籍係にお尋ねください。)
  • 婚姻届により新戸籍を編製する場合、新本籍が設定可能な番地であるか、事前に新本籍地の市町村役場へ問い合わせください。
  • 平成27年10月1日より、羽島市へ婚姻届を提出し、希望された方に婚姻記念証を発行いたします。婚姻記念証および誕生記念証の発行(別ウインドウで開く)

届出書の記入例

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?