ページの先頭です

歴史民俗資料館感染防止対策

[2022年3月22日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

施設利用に係る感染防止対策

 岐阜県内全域を区域とする「まん延防止等重点措置」が、3月21日(月曜日)の期限をもって解除されました。これを受け歴史民俗資料館では、以下のとおりとします。引き続き、感染防止対策の徹底・継続をお願いします。なお、今後の感染状況により、現在の内容を変更するなど新たな対策を講じる場合があります。

密集対策

  • 入館待ちの人の間隔を1メートルから2メートルお取りください。
  • 非接触体温計による検温の結果37.5度以上の人など、体調不良の人は入館をご遠慮いただきます。
  • 館内では、人と人との間隔を、前後左右確保しながら鑑賞してください。
  • 館内滞在者が密集しないよう誘導します。

密接対策

  • 来館の際には、マスクの着用をお願いします。
  • 受付において、料金や入館券等の受け渡しの際は、トレイを使用させていただきます。
  • 館内では、静かに鑑賞してください。

衛生対策

  • 入退館時には、受付に設置した消毒液で手指消毒をお願いします。
  • 館内では、接触頻度の高い箇所の消毒を実施しています。
  • 館内スタッフについては、出勤前の検温等健康チェックを行っており、マスクを着用しています。

その他の対策

  • 密閉を避けるため、換気扇を回しています。
  • 「映画の日」の上映に係り、客席の間隔を最低1メートル確保しています。

その他注意事項

  • 入館の際には、氏名や連絡先等を入館カードに記入し、ご提出いただきます。
  • 館内には、岐阜県感染警戒QRシステムのQRコードを提示しています。
  • 感染者が確認された場合は、保健所等へ個人情報の提供をいたします。


ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?