ページの先頭です

国民年金制度について

[2018年4月23日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

国民年金とは

 国民年金は、日本国内に住所がある20歳以上60歳未満のすべての方が加入します。
 老後の生活、病気やケガで障がい者になったとき、家族が亡くなったときなどに基礎年金で経済的な支えを行なうことを目的としています。
 国民年金は、お互いに協力して、将来の生活を支えあう制度です。

国民年金に加入する方

●第1号被保険者

 自営業者、農林業者、自由業者、学生、無職の方などで、第2号、第3号被保険者以外の方

【加入手続き】市役所で加入手続きを行ってください
・20歳になったとき
・会社等を退職したとき

●第2号被保険者

 厚生年金に加入している会社員や公務員などで70歳未満の方(ただし、65歳以上で老齢基礎年金等の受給資格がある方を除く)

【加入手続き】勤務先で加入手続きを行ってください
・会社等に就職したとき

●第3号被保険者

 第2号被保険者に扶養されている配偶者で、20歳以上60歳未満の方

【加入手続き】夫(妻)の勤務先で加入手続きを行ってください
・配偶者の扶養に入ったとき
・20歳前に第2号被保険者の扶養に入っていた配偶者が20歳になったとき

●任意加入被保険者

 上記3つのグループ以外に希望して加入

・日本国内に住所がある60歳以上65歳未満の方(年金額を満額に近づけたい方や受給資格期間が不足する方)
・昭和40年4月1日以前の生まれで65歳以降70歳になるまでの間に受給権を確保できる、日本国内に住所がある方または日本人で海外に居住している方(受給権を確保できるまで)
・日本人で海外に居住している20歳以上65歳未満の方

【加入手続き】市役所で加入手続きを行ってください


 

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?