ページの先頭です

土のうステーション(緊急用簡易土のう置き場)の設置について

[2016年7月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

土のうステーション(緊急用簡易土のう置き場)の設置について

 

 羽島市では、市民の方が必要に応じ、いつでも土のうを持ち出せるように「土のうステーション」を設置しております。

設置場所は、下記のとおりです。

 土のうステーションの中の入っている土のうの重さは概ね10kgで、1公園につき約100袋の土のうがあります。

鍵はかかっておりませんので、必要に応じて、必要な分だけを各自でお持ちください。

ただし、水害時の非常用土のうですので、目的外には使用しないでください。

 

○土のうステーションの使用方法

 

 ①カバーをはずす

 ②上ふたを開ける

  鍵はついていませんので、持ち上げていただければ開けられます。その際に手をはさまないよう、ご注意ください。

 ③固定金具を2箇所外す

  フック(鍵手)になっている部分を上にあげると開けられます。なお、固定金具を2箇所外すと前ふたが手前側に倒れるので、前ふたを押さえながら固定金具を外してください。

 ④前ふたを外す

  前ふたから手を離さず、ゆっくりと手前側に倒してください。

 ⑤土のうを取り出す

 ⑥土のうを取り出した後

 前ふた及び上ふたを閉めて必ずカバーをかけてください。

 また、残量が少ない場合は、土木監理課へお知らせください。

大仏児童公園①

大仏児童公園②

市民の森羽島公園

神楽公園

蒲池公園

お問い合わせ

<土のうステーションに関するお問い合わせ>
羽島市役所 建設部 土木監理課
電話: 058-392-9924 ファックス: 058-391-1118

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?