ページの先頭です

羽島市国民健康保険加入以前の健診情報の提供(羽島市特定健康診査)

[2022年6月8日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 羽島市国民健康保険に加入している方の、加入以前の健診情報について、オンライン資格確認等システムを活用して、以前加入していた健康保険(旧保険者)から羽島市国民健康保険へ提供されることが可能となっています。

 オンライン資格確認等システムとは、マイナンバーカードのICチップまたは健康保険証の記号番号等により、オンラインで資格情報の確認を行うものです。

 旧保険者から羽島市へ健診情報の提供を希望されない場合、不同意の申請が必要となります。別添説明文をご一読いただき、不同意申請書に記入の上、提出してください。

 





対象者

 羽島市国民健康保険加入者で、40歳以上75歳未満の方。ただし、年度途中で羽島市国民健康保険を脱退した方は除きます。

健診結果を提供するメリット

  • 1人ひとりが、生活習慣病を予防・改善することで、医療費の増加を抑制することが期待されます。その結果、将来の国民健康保険税の上昇を抑制することにもつながります。
  • 市が情報を管理することで保健指導を受けることができ、市の受診率の向上につながります。
  • 特定健康診査の受診や特定保健指導の受診により、医療費の適正化、健康づくりなどの国民健康保険の健全な運営につながります。

医療機関等への特定健康診査健診結果の提供

 令和2年度以降に受診した特定健康診査健診結果について、マイナンバーカードの健康保険証利用に対応している医療機関等に情報提供することができます。

 利用する際には、本人の同意とマイナンバーカードの健康保険証利用登録が必要です。

 マイナンバーカードを健康保険証として利用できる医療機関等は厚生労働省ホームページ(別ウインドウで開く)でご確認ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?