ページの先頭です

建築物を建築するときの注意点

[2021年6月30日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

4m未満の道路沿いに建築物を建築するときは注意しましょう

 建築基準法では、建築物を新築したり、増築したりする場合には、原則として幅員4m以上の「建築基準法上の道路」に敷地が2m以上接していなければ、建築物を建築することができません。しかし、幅員4m未満の道路であっても、特定行政庁が指定した道路は、「建築基準法上の道路」とみなされ、建築が可能となります。この道路を「建築基準法第42条第2項道路」といいます。この道路は、道路中心線から水平距離2mの線を道路境界線とみなし、敷地を後退することで建築することができます。

 後退した敷地は、通風や日当たりを確保するだけでなく、災害時の救助作業等をスムーズに行うために非常に重要な役割を果たします。そのため、自己敷地であっても後退した部分に建築物(建物に付属する門若しくは塀、擁壁等を含む)を建築することができません。なお、建築物を建築せず、ブロック塀等の改修のみ行う場合でも、敷地の後退が必要な場合があったり、敷地の後退が不要な道路もありますので、工事前にご相談ください。

 安全で快適なまちづくりのために、皆様のご理解、ご協力をお願いします。

敷地の後退

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

問い合わせ先

建設部 都市計画課 建築係 (本庁舎1階3番窓口)

電話:058-392-1111(内線2134)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?