ページの先頭です

特別障害者手当

[2020年4月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

特別障害者手当について

 

 精神または身体に著しく重度の障がいを有し、日常生活において常時特別の介護を必要とする方に対して、重度の障がいのため必要となる精神的、物質的な負担の軽減の一助として手当を支給します。

 

対象者

 

 身体または精神に著しく重度の障がいがあるため、日常生活において常時特別の介護を要する20歳以上の障がい者で、主に次のいずれかに該当する方。

    ・身体障害者手帳1・2級程度の障がいを二つ以上重複して有する方

    ・知的指数がおおむね20以下で日常生活において常時介助を要する状態にある方

    ・上肢、下肢、体幹のいずれかに機能障がいを有し、かつ、寝たきり等で常時介護を必要とする方

    ・内部障がい等で絶対安静の状態にある方

    ・その他、上記と同程度以上の障がいを有し、常時特別な介護を必要とする方等

   ※上記以外にも該当する場合があります。

   ※ただし、次の場合は、受給できません。

    ・身体障害者福祉法、老人福祉法、障害者総合支援法等で定める施設等に入所しているとき

    ・病院または診療所等に3か月以上入院しているとき

   

所得制限

手当の請求者本人、その配偶者又は生計をともにする扶養義務者の前年の所得額が、下記の限度額を超えるときは、手当が支給されません。

※請求者とは重度障がい者本人のことです。

特別障害者手当に係る所得制限一覧表
 扶養親族等の人数本人 配偶者・扶養義務者 
0人 3,604,000円 6,287,000円
1人 3,984,000円 6,536,000円
2人 4,364,000円 6,749,000円
3人 4,744,000円 6,962,000円
4人5,124,000円7,175,000円

手当月額

 令和2年4月1日から

 月額 27,350円

 ※物価変動等により改定される場合があります。

 

支給月

 

 手当は、2月、5月、8月、11月に、それぞれの前月分まで支給されます。

  ※手当は申請月の翌月分から支給されます。

 

手続きに必要なもの

 ・印鑑(スタンプ式を除く)

 ・特別障害者手当認定診断書(省略可能な場合があります)

 ・請求者の身体障害者手帳または療育手帳(所持している場合のみ)

 ・請求者の戸籍謄本(取得から1か月以内のもの)

 ・請求者の通帳(請求者以外の口座は受け付けることができません)

 ・請求者、配偶者、扶養義務者の個人番号のわかるもの(個人番号カード、通知カード、個人番号付きの住民票等)

 ・身元の確認ができる書類(運転免許証、旅券(パスポート)、個人番号カード等)

 ※請求者とは重度障がい者本人のことです。

 ※その他の書類が必要となる場合がありますので、詳しくはお尋ねください。

 

申請・お問い合わせ先

 

羽島市役所 保険年金課 福祉医療手当係 本庁舎2階9番窓口(内線2265)

 

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?