2023年06月05日

    開催概要

     本展覧会は1950年代を切り口として、当館所蔵作家たちの作品をご紹介するものです。1950年代、日本の社会が大きく変化するなか、自らの表現を追い求める作家たちがいました。戦後の日本現代美術を代表する作家・斎藤義重、モダンアート協会創立メンバーの矢橋六郎、団体展から離れ独自の画業を切り拓いた熊谷守一の作品などを展示します。それぞれの作品を通して、同時代を力強く生きた作家たちの姿に思いを馳せていただければ幸いです。

    【終了】所蔵品展「画家たちの1950年代」(令和5年4月15日から6月4日まで)の画像その1【終了】所蔵品展「画家たちの1950年代」(令和5年4月15日から6月4日まで)の画像その2

    会期

    令和5年4月15日(土曜日)から6月4日(日曜日)まで

    会場

    不二竹鼻町屋ギャラリー(岐阜県羽島市竹鼻町2765番地)

    開館時間

    午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

    休館日

    5月8日(月曜日)、15日(月曜日)、22日(月曜日)、29日(月曜日)

    入館料

    身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳を携行している方(付添人1名を含む)は半額

    主催

    羽島市

    関連イベント

    2.3.4.は事前申込みが必要です(先着順)。

    いずれも参加費は無料ですが、入館料が必要です(中学生以下は無料)。

    お申込み・お問合わせ先

    不二竹鼻町屋ギャラリー、058-393-0951

    1.開館5周年 展覧会ポスター展示

    内容 不二竹鼻町屋ギャラリーの5年間のあゆみをポスターでたどります。
    期間 展覧会会期中
    会場 不二竹鼻町屋ギャラリー 1階
    参加費 無料

    2.学芸員による展覧会ガイド

    日時

    4月19日(水曜日)、4月29日(土曜日・祝日)、5月10日(水曜日)、5月27日(土曜日)

    午後1時30分~2時30分

    内容 当館学芸員が展示作品の解説をします。
    会場 不二竹鼻町屋ギャラリー 展示室
    定員 各回5名(要申込み)
    参加費 無料(ただし入館料が必要)

    3.「イメージ」から「かたち」をつくろう

    日時

    5月7日(日曜日)、5月26日(金曜日) ※両日とも同じ内容

    午後1時30分から3時30分まで

    講師 今井田一已(不二竹鼻町屋ギャラリー館長)
    内容 粘土などを使って立体作品に挑戦してみましょう。
    会場 不二竹鼻町屋ギャラリー 2階研修室
    対象・定員 高校生以上・各回6名(要申込み)
    参加費 無料(ただし入館料が必要)

    4.いろとりどりにえがこう

    日時

    5月20日(土曜日)、5月31日(水曜日) ※両日とも同じ内容

    午後1時30分から3時30分まで

    講師 小畑恭子(一陽会委員・羽島市美術協会会員)
    内容 色えんぴつを使って楽しく絵を描きましょう。
    会場 不二竹鼻町屋ギャラリー 2階研修室
    対象・定員 小学生以上・各回6名(要申込み)
    参加費 無料(ただし入館料が必要)

    イベント内容は、感染症拡大防止対策のため中止または変更になる場合もございます。中止・変更の際は、ホームページ等で随時更新いたします。当館の感染症対策につきましては、不二竹鼻町屋ギャラリー感染防止対策をご覧ください。

    公共交通機関・車のご利用について

    公共交通機関のご利用

    名鉄竹鼻線「羽島市役所前」駅から徒歩約6分

    車でのご利用

    当館は専用駐車場がございません。お車でお越しの方は、羽島市歴史民俗資料館・映画資料館(058-391-2234)、羽島市役所等の駐車場をご利用ください。駐車場の詳しい案内については、アクセスをご覧ください。