ページの先頭です

【新型コロナワクチン】オミクロン株対応ワクチン接種の計画

[2022年9月22日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 新型コロナウイルスのオミクロン株対応ワクチン接種に関する方針が国から示されたため、順次接種を進めます。

接種開始時期

 ワクチンが供給され次第、4回目接種の一定数が完了した自治体から、使用ワクチンをオミクロン株対応ワクチンに順次切り替えるよう、国から通知がありました。この通知に従って、本市では、下表日程の集団接種より使用ワクチンを従来型ワクチンからオミクロン株対応ワクチンへ切り替えます。


切り替え後のワクチン接種日程
 使用予定だったワクチン 実際に使用するワクチン 
9月23日 金曜日 午後 4回目接種  従来型のモデルナ社製ワクチン ファイザー社製2価(オミクロン株対応)ワクチン
9月23日 金曜日 午後 3回目接種  従来型のファイザー社製ワクチン  ファイザー社製2価(オミクロン株対応)ワクチン

 上記日程にて接種予約済みの方々には、予約確定通知書(はがき)にワクチンの供給状況により使用ワクチンがファイザー社製オミクロン株対応ワクチンに変更となる可能性があると記載し、郵送しております。接種当日にも、使用ワクチンが変更となった旨を接種者に説明し、ファイザー社製オミクロン株対応ワクチンの説明書を配布します。

対象者

 新型コロナワクチンの初回接種(1,2回目)を接種済みの方で、前回の新型コロナワクチン接種から5か月以上経過した12歳以上の市内在住の方等。

12歳以上の考え方

 予防接種上の年齢の考え方として、誕生日の前日に(24時)に1歳年をとると考えます。その考え方をを踏まえると、12歳の誕生日の前日から12歳に該当することになります。

接種間隔

 オミクロン株対応ワクチンは、前回の新型コロナワクチン接種日から5か月後の同日から接種できます。月末日の同日がない場合は、その翌月の1日から接種できます。

前回接種日 

5か月後とする日付
(オミクロン株対応ワクチン接種可能日) 

 令和4年9月30日令和5年3月1日以降 

(注意)前回接種から5か月を経過していない状態で接種すると誤接種となりますのでご注意ください。

接種券発送

 接種券の発送について、これまでとは対応が異なりますのでご注意ください。

4回目接種までお済みの方

 4回目接種日から概ね5か月後に接種できるように接種券を発送します。
 今年(2022年)中に接種可能となる対象者には、10月末までにお手元に届くように発送する予定です。

4回目接種の対象外で3回目接種までお済みの方

 すでに3回目接種から5か月を経過している方については、10月上旬に接種券を発送する予定です。対象者が非常に多いため、接種券は年代順に発送いたします。到着までしばらくお待ちください。
 また、前回接種から5か月を経過していない方については、概ね5か月後に接種できるように接種券を発送します。

オミクロン株対応ワクチン接種券の発送時期
 発送時期 発送する対象者の年代
 10月上旬 50代以上
 10月中旬 40代、30代、20代、10代(12歳以上)の順

4回目接種対象者で4回目接種を受けていない方

 すでに郵送しております「4回目接種券」(緑の封筒)でオミクロン株対応ワクチンの接種が可能です。接種を希望する場合は予約が必要になります。また、廃棄・紛失してしまった場合は再発行の手続き(『接種券の再発行、転入者の新規発行について』を参照)をしていただく必要があります。

3回目接種対象者で3回目接種を受けていない方

 2回目接種から5か月を経過している方については、すでに郵送している「3回目接種券」(黄色又は薄いピンク色の封筒)でオミクロン株対応ワクチンの接種が可能です。接種を希望する場合は予約が必要になります。また、廃棄・紛失してしまった場合は再発行の手続き(『接種券の再発行、転入者の新規発行について』を参照)をしていただく必要があります。

羽島市に転入された方(羽島市に住民票を移す前に前回の接種を受けた方)

 羽島市で前回接種日の確認ができないため、自動的には接種券は発行されません。発行申請が必要です。また、接種券の交付を受けた後、予約が必要になります。

接種券の再発行、転入者の新規発行について

接種券の申請フォーム(別ウインドウで開く)又は市役所1階31・32・33番の窓口で発行申請を行ってください。

予約の割付について

 現在、国において接種間隔の短縮が検討されており、10月下旬までに結論が出されることになっております。また一方で、国の方針により、今年(2022年)中にすべての対象者が接種できる体制を整える必要があります。

 本市では初回接種より割付方式で接種を進めてきましたが、今後、接種間隔が短縮された場合、11月以降に接種可能となる対象者が急増することとなり、接種可能枠に限りがあるため、今年中にすべての対象者をこれまでと同様の割付方式で接種することが困難となります。従いまして、予約の割付について以下のとおり変更させていただきます。これによって、接種対象者ご自身での予約が必要になる方もいらっしゃいますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。

オミクロン株対応ワクチン接種に関する予約割付の方針

  • 「4回目接種非対象者で3回目接種まで済まされた40歳以上の方」(A)、「4回目接種を済まされた40歳以上の方」(B)は予約の割り付けを行います。また、接種開始直後は、3回目接種から5か月以上が経過するAの対象者を集団接種に割り付けます。接種日は後日郵送される「予約確定通知書」(はがき)でご確認ください。

  • Bの対象者は4回目接種と同じ場所で割り付けますが、かかりつけ医等による個別接種には接種できる枠に限りがあるため、集団接種会場での割付になることもあります。

  • 上記A、B以外の方(4回目接種券が手元にあるが4回目接種を受けていない方など)は、ご自身で予約をしていただく必要があります。

    (注意)予約開始直後は予約サイト、羽島市コールセンターともにアクセスが集中し繋がりにくくなる場合もあります。その場合は時間を改めて予約していただきますようお願い致します。

予約方法

 今年中に接種希望者全員が接種を受けていただけるよう接種枠を設けております。

市内でオミクロン株対応ワクチンの接種を希望される方

インターネットによる予約

 羽島市新型コロナワクチン接種予約サイト(現在準備中)

 「オミクロン株対応ワクチン接種を希望する方へ」にお進みください。パスワードは接種される方の生年月日(8桁の数字)になります。(例)1950年5月5日→19500505

 接種日を変更又はキャンセルされる場合は、インターネットからの手続きは行えません。必ず羽島市コールセンター(0120-567-623)へご連絡ください。

電話による予約

羽島市コールセンター

0120-567-623(電話料無料)

平日午前8時30分から午後5時30分まで

市外でオミクロン株対応ワクチンの接種を希望される方

 市外医療機関等での接種を希望される方は、直接ご自身で市外医療機関または所在地の市町村役場に予約方法をおたずねください。

使用ワクチン

集団接種

 モデルナ社製オミクロン株対応ワクチン又はファイザー社製オミクロン株対応ワクチン

個別接種

  ファイザー社製オミクロン株対応ワクチン(予定)

(注意)使用ワクチンは、ワクチンの供給状況によって変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

接種回数及び費用

 現時点でオミクロン株対応ワクチンの接種回数は1回です。接種費用は全額国費負担となるため無料です

相談体制の確保

 市民の皆さまからの問い合わせを受け付けるため、次のとおり対応します

コールセンター

 平日午前8時30分から午後5時30分まで。

AIチャットボット

 ワクチン接種に関する主な質問に対し、24時間対応します。
  詳細は、新型コロナワクチンのコールセンター(別ウインドウで開く)のページをご確認ください。


接種会場へのコミュニティバスの利用

 平日及び土曜日に、接種券を見せれば無料で乗車できます。付き添いの方も無料です。

お問い合わせ

羽島市役所健幸福祉部新型コロナワクチン対策室

電話: 058-392-1222

ファックス: 058-394-0025

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?