ページの先頭です

企画展「浮世絵の旅情 刀剣の輝き―桑名市博物館所蔵品展」(令和4年9月3日から10月16日まで)

[2022年7月29日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

開催概要

 江戸時代、旅への関心の高まりにより、各地の名所を描いた浮世絵が流行します。伊勢国には東海道沿いに七つの宿場があり、街道の風景や伝承が描かれました。また、桑名の地では、室町時代から刀工・村正が作刀を開始し、その切れ味鋭い刀剣がもてはやされました。

 本展では、桑名市博物館のコレクションの中から、伊勢国の東海道を描いた浮世絵と、桑名ゆかりの刀剣をご紹介します。浮世絵の旅情と刀剣の輝きをお楽しみください。

会期

令和4年9月3日(土曜日)から10月16日(日曜日)まで

 【前期】9月3日(土曜日)から9月25日(日曜日)まで

 【後期】9月27日(火曜日)から10月16日(日曜日)まで

 前期・後期で浮世絵のみ展示替えがあります。

会場

不二竹鼻町屋ギャラリー(岐阜県羽島市竹鼻町2765番地)

開館時間

午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日

9月5日(月曜日)、12日(月曜日)、20日(火曜日)、26日(月曜日)

10月3日(月曜日)、11日(火曜日)

入館料

一般300円、中学生以下無料

団体250円(10名以上の場合)

共通券500円(羽島市歴史民俗資料館・映画資料館竹鼻まつり山車会館を併せてご覧いただけます)

共通券は発行日より1年間有効

身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳を携行している方(付添人1名を含む)は半額

前期展示の半券で後期展示を観覧することはできません。

主催

羽島市

協力

桑名市博物館

関連イベント

1.3.の参加には事前申込みが必要です(先着順)。

2.3.の参加には入館料が必要です。

【お申込み・お問合わせ先】不二竹鼻町屋ギャラリー、058-393-0951

1.記念講演会「桑名市博物館コレクションの魅力ー浮世絵・刀剣の見どころ」
 日時9月17日(土曜日) 午後1時30分から3時まで
 講師杉本 竜氏(桑名市博物館館長) 
 内容桑名博物館コレクションの魅力について、展覧会出品作品を交えながらご紹介いただきます。
 会場竹鼻コミュニティセンター
 定員30名(要申込み)
参加費無料
2.ワークショップ「浮世絵重ね摺り体験」
 日時

9月17日(土曜日)、9月24日(土曜日)、10月1日(土曜日)、10月8日(土曜日)、10月15日(土曜日)

午前9時から午後3時の間(状況によりお待ちいただく場合があります)

 内容中山道広重美術館所蔵の版を使い、浮世絵の重ね摺りを体験します。
 会場不二竹鼻町屋ギャラリー 2階研修室
 参加費無料(ただし入館料が必要)
3.学芸員による展覧会ガイド
 日時

9月4日(日曜日)、9月14日(水曜日)、10月2日(日曜日)、10月12日(水曜日)

午後1時30分から2時30分まで

 内容当館学芸員が会場内で展示作品の解説をします。 
 会場不二竹鼻町屋ギャラリー
 定員各回5名(要申込み)
 参加費無料(ただし入館料が必要)

イベント内容は、感染症拡大防止対策のため中止または変更になる場合もございます。中止・変更の際は、ホームページ等で随時更新いたします。当館の感染症対策につきましては、「不二竹鼻町屋ギャラリー感染防止対策」(別ウインドウで開く)をご覧ください。

公共交通機関・車のご利用について

公共交通機関のご利用

【不二竹鼻町屋ギャラリー】

 名鉄竹鼻線「羽島市役所前」駅から徒歩約6分

【竹鼻コミュニティセンター】

 名鉄竹鼻線「羽島市役所前」駅から徒歩約3分

車でのご利用

お車でお越しの方は、羽島市歴史民俗資料館・映画資料館(058-391-2234)、羽島市役所及び近隣の有料駐車場をご利用ください。

お問い合わせ

羽島市役所市民協働部不二竹鼻町屋ギャラリー

電話: 058-393-0951

ファックス: 058-393-0952

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?