ページの先頭です

新型コロナワクチン接種を実施する医療機関の集合契約参加手続き

[2021年3月29日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

集合契約参加手続き

 新型コロナワクチンの接種に当たっては、実施主体である各市町村と各接種実施医療機関等の間で、契約を締結する必要があります。
 各接種実施医療機関等が各市町村との間で独自に契約を締結するのは現実的ではないため、全国統一様式の契約書を用い、原則として「集合契約」という形で契約を行うこととなります。

 具体的には、接種実施医療機関等は、集合契約の「取りまとめ団体」に対して、受託する事務の範囲と契約の締結に関する委任を行い、集合契約の取りまとめ団体が集合契約における契約の代理人である「日本医師会」に再委任を行います。市町村は都道府県に対して、集合契約において委託する事務の範囲と契約の締結に関する委任を行い、都道府県は集合契約の代理人である「全国知事会」に対して再委任を行います。全国知事会及び日本医師会がそれぞれ市町村及び接種実施医療機関等の代理人として契約を締結しています。

赤枠内が今回の手続きに係る部分です。

集合契約の契約内容について

 集合契約の具体的な契約内容は、以下の「新型コロナウイルス感染症の予防接種に係る全国知事会と都道府県との委託契約書」(PDFファイル)に示されています。必ずご確認いただきますようお願いします。

 また、新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する医療機関向けの手引きが、厚生労働省により公開されています。集合契約の内容等についても記載があります。厚生労働省のホームページの「新型コロナワクチンの接種を行う医療機関へのお知らせ(別ウインドウで開く)」からご覧ください。

委任手続きの流れ

以下でご説明するのは、「羽島市医師会」に属する医療機関・施設等が行う委任手続きです。

  1. 新型コロナウイルス感染症にかかるワクチン接種の契約受付システム(外部リンク)(別ウインドウで開く)」にアクセスする
  2. 「保険医療機関コード」(10桁:都道府県番号21+医療機関1+機関コード7桁)を入力する
  3. 契約代表者及び担当者の情報を入力する
  4. 委任先の情報は必ず、「羽島市医師会」を選択する
  5. 参考情報として取り扱うワクチンで「ファイザー社(サテライト型)」を選択する(後から変更可能です。)
  6. 入力内容と「個人情報保護方針」(契約受付システム画面右上のリンク)を確認し、「確認」ボタンを押す
  7. 内容の確認画面で内容が正しいことを確認し、「委任状を出力(PDF)」ボタンを押す
  8. 「登録してもよろしいでしょうか」とポップアップが表示されるため、「OK」を押す
  9. 委任状のPDFファイルがダウンロードされるため、当該委任状の内容を確認し、印刷する
  10. 印刷した委任状に押印し、「羽島市医師会事務局」へ提出する

 以上で委任手続きは完了です。

 契約受付システムの画面の見方や詳しい操作方法は、以下の「医療機関等がワクチン接種契約の委任状を作成する操作マニュアル」(PDFファイル)をご覧ください。
 契約受付システムの画面右上のリンクからも、同様のマニュアルが確認できます。

提出期限

令和3年4月5日(月曜日)必着

提出先

羽島市医師会事務局

よくあるお問い合わせ

Q. 「基本型接種施設」、「サテライト型接種施設」とは何か。

A. 「基本型接種施設」とは、配送業者から直接ワクチンの配送を受ける接種施設のことです。配送を受けたワクチンの保管と、連携するサテライト型施設への分配を行う必要があります。一方「サテライト接種型施設」は、基本型接種施設からワクチンの分配を受けて接種を行います。


Q. 「基本型接種施設」と「サテライト型接種施設」のどちらを選んだらよいのか。

A. ファイザー社のワクチンのみである当初は、基本型接種施設(不二羽島文化センター)からワクチンの分配を受けて接種を行う「サテライト型接種施設」を選択してください。


Q. 「基本型接種施設」から「サテライト型接種施設」へのワクチンの配送はどのように行われるのか。

A. 現在調整中です。詳細が決まり次第、お知らせさせていただきます。

お問い合わせ

羽島市役所 健幸福祉部 子育て・健幸課
新型コロナワクチン対策室
電話: 058-392-1111 ファックス: 058-391-5934

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?