ページの先頭です

【新型コロナ】ワクチン接種の予約方法

[2021年6月6日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

まだ予約ができていない65歳以上の方へ

 羽島市では6月中旬までに、コロナワクチン接種の予約が済んでいない65歳以上の方へ「事前予約申込ハガキ」を送ります。申込ハガキは、混雑を避けるため、順次、年齢順でのお届けとなります。

郵送される書類

 封書により、新型コロナウイルスワクチン接種事前申込(関係書類在中)が届きます。

 必ず開封し、以下の順序で手続きをしてください。

 接種を希望しない方も、申込ハガキの返信をお願いいたします。

申し込みハガキの記入方法

 接種の希望の有無等 次のいずれかに「レ点」を付けてください。

 ①接種を希望しない。

 ②羽島市での接種を希望する(集団接種・不二羽島文化センター)。

 ③市外の医療機関。

かかりつけ医療機関での接種を希望された場合

 市内のかかりつけ医療機関を希望されると、接種までに相当の期間、お待ちいただく場合があります。

 かかりつけ医療機関の予約が埋まっている場合は、不二羽島文化センターでの集団接種をお願いすることもあります。

 同封の「羽島市内医療機関一覧」から、希望される「医療機関の番号」と、「医療機関名」を記入してください。

電話番号の記入

 ハガキ返信期限、券番号、氏名等が印刷されたワクの「電話番号」の所に、ご自宅の番号を左詰めで記入してください。

記入が終わったら

 記入が終わりましたら、ハガキを切り離し、目隠しシールを記入欄(裏面)に張り、投かんしてください。

 記載してある「ハガキ返信期限」を過ぎますと、接種順が遅れます。ご注意ください。

新型コロナワクチン接種の特設サイト(予約確認はこちらから)

コールセンター(コールセンターでは予約を受け付けていません)

 0120-567-623(フリーダイヤル)

 平日午前8時30分から午後5時30分まで

よくある質問

接種予約日の変更、キャンセルはどのように行えばよいですか。

 ご自身で変更・キャンセルの操作ができないため、コールセンター(0120-567-623)までお問合せください。

予約ができているか確認したい。

 「予約確認」(別ウインドウで開く)より接種日時等予約内容をご確認いただけます。また、予約確認通知ハガキをお送りいたしますので、そちらでも接種日時、接種会場等の確認が可能です。

パスワードがわからない。

 接種者の生年月日(8桁)になります。1950年05月05日→19500505

予約前に接種券を紛失した。

 予約前に紛失したもしくは届いていない場合は、コールセンター(0120-567-623)へお問い合わせください。再発行をさせていただきますが、発行にはお時間がかかります。何卒ご理解の程お願いいたします。

接種当日に必要なものはなにか。

  1. 接種券
  2. 予診票(あらかじめご記入をお願いします)
  3. 予約確認通知書(ハガキ)
  4. 本人確認書類 ※運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等、いずれか1点ご持参ください。また、腕(上腕部、肩に近い場所)に注射するため、肩を露出しやすい服装でお越しください。

何分前に会場へ向かえばいいか。

 入場時間にお越しください。接種会場の密を防ぐため、直前まで不二羽島文化センター内に入ることができません。案内があるまでは駐車場にてお待ちいただくことになります。

駐車場はあるか。

 不二羽島文化センターの駐車場がございます。隣接の図書館専用駐車場には駐車しないようにお願いいたします。

予約後に接種券を紛失した。

 予約後に紛失した場合、接種会場にて再発行いたします。当日、係にお申し出ください。

接種当日、体調不良で行けなくなった。

 接種会場事務局(電話番号未定)へご連絡ください。

かかりつけ医での確認はできていないが、とりあえず予約をしたい。

 かかりつけ医の許可がなくても予約をすることができます。接種までにかかりつけ医の診療を受けることがあれば、その時に相談をしていただくと安心です。接種当日までにかかりつけ医に相談をされていない方は、接種当日に接種をお断りすることがありますが、ご了承ください。

 なお、かかりつけ医での個別接種も6月以降の接種予定で準備を進めています。接種を受けられる病院については、5月10日以降にお知らせできる予定です。個別接種もご検討ください。ただし、1回目に集団接種、2回目に個別接種という選択はできませんので、必ずどちらかの方法をお選びください。

以前手術を受けたが、現在通院はしていない。薬も飲んでいない。市販の薬は常用しているが、病院にはかかっていない。

 接種していただいて大丈夫です。専門的な内容は判断がつきかねます。心配な場合は、岐阜県の相談窓口(058-272-8222)にご相談ください

不二羽島文化センターでの集団接種(車椅子・駐車場など)

 車椅子の使用は可能です。介助人も一緒に入場することができます。会場には介助専門のスタッフは配置していません。車椅子をお貸しすることもできますが、予約をすることができません。その時の空き状況によります。不二羽島文化センターには無料駐車場がありますが、隣接する図書館の駐車場は利用しないでください。

接種後の副反応

 現在、ワクチンを接種した後に様々な副反応が出るケースが確認されています。主な副反応は、発熱、だるさ、頭痛、接種部位の痛み(腕が上がらない等)です。人によって異なりますが、2回目の接種時に副反応が多くみられるようです。

かかりつけ医での接種はいつ始まるのか。

 6月以降の予定で準備を進めています。接種できる医療機関は、5月10日以降にお知らせする予定です。

入場券(予約確認通知書)はいつ発送されるのか。

 接種日の約1週間前に発送予定です。入場券(予約確認通知書)が届いたら、予約日時をご確認いただくとともに、接種日当日は接種券や予診票と一緒にお持ちください。

羽島市のワクチン接種方針

 羽島市のワクチン接種方針に関する情報は、新型コロナワクチン接種の方針のページをご確認ください。

予約から接種までの流れ(見直し後の内容です)

①「事前予約申し込み」が届く

 まだ予約ができていない65歳以上の方に対し、5月下旬から6月中旬ごろに「事前予約申し込み」が届きます。

②接種の意向を記入して、「予約申込ハガキ」を出す

  • 接種の意向やかかりつけ医での接種希望を確認します。
  • かかりつけ医療機関での接種は、予約枠の20%程度と接種回数に限りがあり、接種まで相当期間お待ちいただく可能性があります。
  • 個別接種ができる市内の医療機関の一覧は、「事前予約申し込み」に同封します。
  • 予約枠が埋まり、集団接種をお願いすることもあります。
  • 接種を希望しない方も、返信をお願いします。

③接種日を決定した「予約確定書」が届く

 まだ予約ができていない65歳以上の方に対し、6月中旬から6月下旬ごろに「予約確定書」が届きます。

④年齢順に接種開始

 まだ予約ができていない65歳以上の方も、6月28日以降から順次接種を開始できる予定です。

留意事項

 ワクチンの供給状況や厚生労働省の方針等により、お知らせしている内容が変更になることがあります。順次、市ホームページや市公式SNS、回覧等で情報をお知らせします。

その他のお問い合わせ

ワクチン接種のあり方に関する相談

 厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

 0120-761-770(フリーダイヤル)

 午前9時から午後9時まで

 土・日・祝日も対応

ファイザー社ワクチンに関する相談

 ワクチンに関する専門的な相談等

 ファイザー新型コロナウイルスワクチン専用ダイヤル

 0120-146-744(フリーダイヤル)

 午前9時から午後8時まで

 平日・土曜日のみ対応

接種に関する専門的な相談

 接種前、接種後に関する相談

 接種後3日経っても腫れているが医療機関を受診したほうが良いかなど

 岐阜県の電話相談窓口

 058-272-8222

 午前9時から午後9時まで

 土・日・祝日も対応

お問い合わせ

羽島市役所健幸福祉部子育て・健幸課

電話: 058-392-1111

ファックス: 058-391-5934

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?