ページの先頭です

独立行政法人国際協力機構が発行する「JICA債」への投資

[2020年11月26日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 羽島市は、持続可能な開発目標(SDGs)達成のための取り組みとして、独立行政法人国際協力機構(以下「JICA」)が発行する「ソーシャルボンド(社会貢献債)」への投資を実施いたしました。

JICA及びJICA債

 JICAは、日本政府が定めた開発協力大綱に則ってODA(政府開発援助)を担う世界最大の二国間援助実施機関です。 
 JICA債への投資資金は、有償資金協力事業に充当され、開発途上地域の経済・社会の開発、日本及び国際社会の健全な発展のために活用されます。 
 また、JICA債の発行は、日本政府の「持続可能な開発目標(SDGs)実施指針」においてSDGsを達成するための具体的施策の一つとして位置づけられています。

羽島市とSDGs

 羽島市は、「羽島市第六次総合計画」において「持続可能な社会の実現に向けた取組の推進」をめざすまちづくりの方向性の一つとして、SDGs達成に向けた取り組みを進めています。 
 今後も、羽島市はその公共性・公益性に鑑み、持続可能な社会の形成に向けた社会的使命・役割を果たしていきたいと考えております。

お問い合わせ

羽島市役所会計会計課

電話: 058-392-1120

ファックス: 058-394-0025

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?