ページの先頭です

【10月16日発出】市長メッセージ(市内で新型コロナが増加傾向・引き続き警戒を)

[2020年10月16日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

飛沫感染に注意してください

 10月に入り、市内で新型コロナの感染が増加しています。県内では、ピーク時と比べると感染者数は減少傾向にありますが、決して油断はできません。ウイルスは、私たちの身近に潜んでいます。

 市民の皆様におかれましては、特に飛沫感染に注意してください。くしゃみや咳、つばなどの飛沫がついた手で、口や鼻などを触ることにより、ウイルスに感染する可能性があります。

 また、これから冬にかけては、新型コロナに加え、インフルエンザにも警戒が必要となります。

 引き続き、「3密を避けること」、「ソーシャル・ディスタンスを確保すること」、「手指消毒や手洗いを徹底すること」など、基本的な感染症対策に取り組んでください。

 これまでの市長メッセージでもお伝えしましたが、新型コロナの影響が長期化する中、懸念されるのが「コロナ・ハラスメント」です。未知のウイルスに対する恐怖心、誤解や偏見を原因とした差別・誹謗中傷が、全国的に発生しています。

 誰もが感染しうる状況の中、社会全体で感染した人をサポートし、誹謗中傷を許さない。思いやりと支えあいの心で、この難局を乗り越えましょう。

 令和2年10月16日  

  羽島市長   松 井  聡  


ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?