ページの先頭です

不二竹鼻町屋ギャラリー2020所蔵品展の開催

[2020年5月18日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「はしまで出会うモリカズ」5月22日(金)から6月28日(日)まで開催(5月15日現在)

 新型コロナウイルス感染症の影響により、2020所蔵品展「はしまで出会うモリカズ」の開催を延期していましたが、5月22日(金)から6月28日(日)までを会期として開催いたします。

 今後の状況により会期が変更になる場合がありますので、ご了承ください。

来館にあたってご協力のお願い

 以下の事項にご協力いただきますよう、お願いいたします。

  • 体調不良(37.5℃以上の発熱、咳・咽頭痛など)の場合は来館をご遠慮ください。
  • 過去2週間以内に海外渡航歴や発熱等による受診歴がある場合は来館をご遠慮ください。
  • 来館時には、マスクを着用してください(あらかじめご用意ください)。
  • 入館時に入館カード(氏名、住所、連絡先(電話)を記入し、受付に提出してください。
  • 入館の際、検温いたします。
  • 建物内の入場者数を10名までとします。そのため、大人数での来館はご遠慮ください。
  • 団体(10名以上)での利用は、事前予約をお願いします。
  • 建物内の人数が上限を超える場合、屋外でお待ちいただきます。
  • 2mを目安に隣の方との間隔を保ち、静かにご鑑賞ください。
  • その他入館の際の注意事項をお守りください。

主な新型コロナウイルス感染症拡大防止策

  • 職員のマスク着用
  • 入口に手指消毒液の設置
  • 入館時の検温の実施
  • 入館カードの導入
  • 体調不良者やマスク非着用者の入館自粛案内
  • 入場制限の実施
  • 鑑賞動線の一方通行化
  • ドアノブ等の定期的な消毒

展示の概要

 岐阜県恵那郡付知村(現・中津川市付知町)出身の画家・熊谷守一は、今年生誕140周年を迎えます。独自の作風を確立した守一は、その生き方と共に多くの人々の心を惹きつけています。

 今回の所蔵品展では、当館が所蔵する守一の作品を中心に展示します。そのほか、所蔵作家の自然をモチーフにした絵画作家や、岐阜県ゆかりの作家の陶芸作品などもご覧いただけます。

会期

 令和2年5月22日(金)から6月28日(日)

開館時間

 午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日

 会期中の月曜日(5月25日、6月1日、8日、15日、22日)

入館料

 1回:大人300円(団体250円) 中学生以下無料

 歴史民俗資料館・映画資料館共通券:500円(団体400円)

 団体は10名以上(電話による事前予約をお願いします)

 身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳を携行している方及びその介助者1名までは半額

主催

 羽島市、羽島市教育委員会

関連イベント

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当初予定していたイベントは中止させていただきます。

アクセス

 不二竹鼻町屋ギャラリーへのアクセスはこちらから

お問い合わせ

羽島市役所教育委員会不二竹鼻町屋ギャラリー

電話: 058-393-0951

ファックス: 058-393-0952

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?