ページの先頭です

羽島市特定不妊治療費助成事業

[2022年4月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

羽島市特定不妊治療費助成事業の手続き

保険外診療の特定不妊治療(体外受精・顕微授精)費に要する費用の一部を助成します。

対象者

  • 特定不妊治療開始時において妻の年齢が43歳未満であること。
  • 特定不妊治療開始時において法律上婚姻している夫婦であること。
  • 夫又は妻のいずれか一方又は両方が、1年以上前から羽島市の住民基本台帳に登録があること。
  • 指定医療機関にて治療をしていること(詳細は、お問い合わせください)。

助成内容

特定不妊治療に要した費用(医療保険が適用されない治療費)に対して1年度あたり10万円を限度に通算3年度まで助成します。

ただし、岐阜県または他の市町村等で助成金の給付を受けた場合は、その額を差し引きます。

申請期限

治療が終了した日から3か月以内、かつ治療が終了した日の属する年度内

ただし、令和5年2月1日から令和5年3月31日の間に治療が終了したものについては、令和5年4月28日まで受け付けます。

申請場所

羽島市役所 子育て・健幸課(羽島市保健センター)

申請に必要な書類

注意 岐阜県特定不妊治療費助成事業を申請される方は、先に岐阜県の申請を済ませてください

  1. 羽島市特定不妊治療費助成金申請書兼請求書(第1号様式)
     記入例を参考に必要事項を記入してください。申請書の署名欄は夫婦がそれぞれ署名してください。
  2. 羽島市特定不妊治療費助成事業受診等証明書(第2号様式)
     指定医療機関の主治医が記入したものです。
  3. 特定不妊治療を受けた医療機関発行の領収書
     2の書類に記載された領収金額と、領収書の金額が一致しているか確認してください(コピー不可)。
  4. 戸籍謄本(戸籍の全部事項証明書)1回のみ
     初回申請時に提出をお願いします。2回目以降の申請は変更なければ不要です。3ヵ月以内に発行されたものに限ります。

ご不明点は、子育て・健幸課(羽島市保健センター)にお問い合わせください。

助成金に関する内容は変更になる可能性があります。変更がある場合はホームページでお知らせいたします。

不妊治療者支援事業(不妊相談センター)のご案内

 岐阜県では不妊相談センターを開設し、専門の相談員が相談に応じています。

 不妊治療者支援事業(不妊相談センター)(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

羽島市役所健幸福祉部子育て・健幸課

電話: 058-392-1111

ファックス: 058-391-5934

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?