ページの先頭です

空き家の相談体制を強化中

[2019年11月25日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

空き家相談の専門家と市が協力して相談

事業概要

 今回の事業については、羽島市と空家等対策の推進に関する協定を締結している特定非営利活動法人岐阜空き家・相続共生ネットが「空き家対策の担い手強化・連携事業」に採択されたもので、羽島市と連携して試験的な取り組みを行うものです。

 
☆事業実施期間 令和2年1月31日まで


羽島市空き家相談ホットラインの開設

 空き家の所有者や空き家の相続をしてお困りの方などからのお悩み相談を、羽島市と空家等対策の推進に関する協定を締結しているNPOの専門家と市の職員が3者同時に会話ができる、空き家相談専門ダイヤルを開設します。

 相談時間 月曜日~金曜日 10時から12時、13時から15時 

 電話番号 080-3369-9504(フリーダイヤルではありませんので、通話料が発生します。)

 ※来客対応中など電話に出られない場合があります。その場合は折り返しお電話を差し上げますのでご了承ください。

 

ファーストコンタクト強化事業

 空き家の相談については、行政への信頼感から行政職員に最後まで相談に乗ってほしいという意見をお聞きします。しかし、空き家の解決には、建築、不動産、相続、税務などの様々な知識や経験が必要となってきます。
 そこで、空き家に関する専門知識と空き家問題解決の多くの経験を持つNPOの専門家を市役所の窓口に配置し、市の職員とバディを組んで空き家相談にあたるという、行政窓口でのワンストップ相談体制を試験的に行います。
 空き家の利活用や、売却、解体などの相談を生活交通安全課の窓口にて受け付けます。お気軽にご相談ください。


相談受付時間 月曜日から金曜日 10時~12時、13時~15時


空き家対策の担い手強化・連携事業とは

 空き家対策の担い手強化・連携事業とは、国土交通省が空き家対策を一層加速化させるために、多様な相談に対応できる人材の育成を行うとともに、多様な専門家等と連携した相談体制を構築し、地方公共団体と専門家等が連携して共通課題の解決を行うモデル的な取り組みへの支援を行い、その成果の全国への展開を図るものです。平成30年度より事業実施され、平成30年度は58団体が、令和元年度は、60団体が採択されました。

  


お問い合わせ

羽島市役所市民部生活交通安全課

電話: 058-392-1163

ファックス: 058-391-2161

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?