ページの先頭です

愛 City はしま(市長のコラム)平成31年新年のご挨拶

[2019年1月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 新年明けましておめでとうございます。

 市民の皆さま方には、平成31年の輝かしい年をお迎えのことと、心からお喜び申し上げます。また、日頃は羽島市政に対しご理解とご協力をいただき、深く感謝申し上げます。

 顧みますれば、昨年の羽島市政は行政の各分野におけるさまざまな事業展開により、着実に歩みを進めることができました。次期ごみ処理施設整備基本計画策定による事業推進をはじめ、平成13年から始めたインター北土地区画整理事業の完了。市内で唯一、武道場のなかった竹鼻中学校への建設工事着手など、長年停滞していた事案を前進させました。また、私が市長就任時、建て替え基金が0円であった市役所新庁舎建設に向け、短期間で基本設計を取りまとめすることができました。

 これらの重要施策につきましては、アンケート調査等に加え、広報はしま等での情報公開に努めるとともに、地域での意見交換会やタウンミーティングも行い、まちづくり基本条例の理念である「市民を主体としたまちづくり」につながる取り組みを進めてまいりました。

 少子高齢化の進展による社会構造の変化への対応は、当市をはじめ基礎自治体共通の課題であります。当市の財政事情は、合併をしなかった自治体への地方交付税の減額措置の継続等により、依然として厳しい状況にあります。そのため、将来に禍根を残さない行政を進めるとともに、中長期の財政見通しを分析しながら、現役世代と将来世代がバランスのとれた負担をいただく施策の展開に努め、納得型の行政運営を推進しているところです。

 新たな年を迎え、子育て施策や健幸づくりの推進、防災・減災対策の一層の推進など、市民の幸せを第一に考えた施策の具現化を図ります。また、現庁舎南側に位置を決定した新庁舎建設に向けて事業を進め、完成に向けてまい進してまいります。

 新年もこれまで同様にさらなる「羽島市の未来を創る」ため、全力を傾注してまいる所存であります。市民の皆さま方の一層のご助成をお願い申し上げ、新年のごあいさつとさせていただきます。


ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?