ページの先頭です

子どもの感染症予防

[2018年12月25日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

子どもの感染症予防

 子どもがいる家庭で冬に気を付けたい感染症は、ノロウイルス・ロタウイルスや、インフルエンザ、RSウイルス、風邪などです。子どもは抵抗力が弱いため、重症化しやすく、さまざまな合併症を招くことがあります。感染症を予防するためには、外出後の手洗い・うがいを習慣化し、人混みをできるだけ避けるとよいでしょう。下痢のときは、症状が治まった後も、しばらくは便から細菌やウイルスに感染する恐れがあるため、使用後のおむつは密封して捨て、おむつ交換後はしっかりと手洗いをしましょう。予防接種を受けることも一つの方法です。

 さまざまな予防法がありますが、どんな病気も一番の予防法は規則正しい生活習慣です。よく寝て、よく食べ、運動もして、冬場も元気に過ごしましょう。

お問い合わせ

羽島市役所健幸福祉部子育て・健幸課

電話: 058-392-1111

ファックス: 058-391-5934

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?