ページの先頭です

災害時SNS活用訓練について

[2017年8月27日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

災害時SNS活用訓練にご参加ください

 8月27日に実施する「平成29年度羽島市防災訓練」の一環として、災害時におけるSNS活用訓練を実施します。当日、市内にいらっしゃるFacebookまたはTwitterをご利用の方は、訓練の参加をお願いいたします。

 

1.訓練の趣旨

 災害発生時は、自分の安全を確保するとともに、各自の判断で的確な行動をとるためには、状況把握が重要です。

 必要な情報を素早く取得する方法として、被災地にいる人が被災状況などをSNSに投稿することで、これが他の多くの人にとって有益な情報となり、さらには関係機関にも役立つ情報になります。

 なお、投稿された情報の検索・共有のため、ハッシュタグ「#羽島市防災訓練」を使用します。

 

2.訓練の目的

・市民の皆さんに、災害時におけるSNSの活用方法を知っていただくこと

・市として訓練の実施状況を踏まえ、今後の課題点や改善事項の有無を把握すること

 

3.訓練の対象者

 以下の条件を全て満たす方とします。

・訓練当日の午前7時〜正午に、市内にいる方(旅行者等を含む)

・現在、スマートフォンなどでFacebookまたはTwitterを使っている方

・以下の注意事項を全て理解し、これに同意して参加いただける方

 

注意事項

①スマートフォンなどを操作する際には、交通安全や他者の迷惑にならないよう、注意すること

②投稿文章や添付写真は、他者のプライバシー侵害や迷惑とならないよう注意すること

③自宅など現在位置が知られることで不都合が想定される場所では、位置情報有効で投稿しないこと

※その他、羽島市ホームページ「Facebook(フェイスブック)とTwitter(ツイッター)を活用した災害情報の発信について」もご覧ください。

 

4.訓練内容

 災害情報の発信 = FacebookまたはTwitter投稿

①訓練の時間帯(午前7時〜正午)に、現在いる場所の状況を説明する内容で、スマートフォンなどから投稿してください。

②ハッシュタグ「 #羽島市防災訓練 」を必ず付けてください。※ハッシュタグの前後には、必ず空白を入れてください。

③場所が特定できるよう、以下の項目のどちらかを必ず実施して下さい。

・スマートフォンとアプリの両方の位置情報の設定を有効(オン)する。

・投稿文章の中に、番地名やランドマークなどを記載する。

④投稿の際には、状況が分かりやすいよう、写真を撮影して添付してください。

【投稿例】

『羽島市竹鼻町55番地、羽島市役所付近、異常なし #羽島市防災訓練 』

『羽島市●●付近、異常なし #羽島市防災訓練 』(●●は地名番地名などを記載)

 

投稿写真

お問い合わせ

羽島市役所市長室危機管理課

電話: 058-392-9915

ファックス: 058-394-0250

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?