ページの先頭です

トップアスリート育成支援事業だより【日本エコシステム】

[2017年6月26日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

好調!日本エコシステム全日本総合男子選手権大会への出場決定!

大会1日目 中京大学との乱打戦を制す!

 羽島市がトップアスリート育成支援事業で応援する「日本エコシステム ソフトボールチーム」は6月24日(土)に刈谷市亀城公園グラウンドにて全日本総合男子選手権大会 東海ブロック予選に出場しました。

 初戦は 中京大学との対戦で序盤からピッチャーの竹本流星選手が好投。打線岩本左近選手のホームランなどで順調に得点を重ね6‐1とリードした。最終回に登板した坂本選手が中京大学打線に捕まり、5点を許したが、9-5で乱打戦をものにした。

 

打線の切れ目のないのが日本エコシステムの魅力

打線の爆発力は全日本レベル

大会2日目 準決勝 浜松市役所との雨中の決戦!

 大会2日目は、準決勝・決勝が予定されましたが、雨のため時間を遅らせての準決勝戦。対戦相手は浜松市役所でした。初回こそ0点でしたが、2回に2点、3回に1点、4回に一挙6点、5回にも6点を奪い、5回コールドで決勝進出です。長打・単打に加え、しっかりと相手ピッチャーの乱れを突いて四球を選んだり、バントヒットで守備の乱れを突くなど、多彩な攻撃で格の違いを見せつけた試合でした。結果は15-1で快勝でした。

 決勝戦は降雨のため中止となり、抽選で1位通過となりました。東海ブロックの代表2チームに選出されました!

走者一掃のタイムリーを放つルーキー古賀選手

チームのムードも最高潮

雨の中でしたがナイスゲームでした

全日本総合男子選手権大会へ

 「全日本総合男子選手権大会」は1955年に創設された大会で、大変歴史があり、この大会はサッカーでいえば「天皇杯」のような位置づけです。大学・実業団・クラブなど、登録されているすべてのチームに参加する権利がある、大変大きな大会です。

開催 9月16~18日

    青森県 八戸市

    各ブロック代表32チームがチャンピオンを目指して熱戦

 

お問い合わせ

羽島市役所教育委員会スポーツ推進課

電話: 058-393-4622

ファックス: 058-391-0906

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?