ページの先頭です

はちみつを与えるのは1歳を過ぎてから(乳児ボツリヌス症について)

[2017年5月10日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

はちみつを与えるのは1歳を過ぎてから(乳児ボツリヌス症について)

はちみつの摂取が原因と推定される乳児ボツリヌス症による死亡事例がありました。はちみつには、ボツリヌス菌が混入していることがあります。ボツリヌス菌は熱に強く、通常の過熱や調理では死にません。
1歳未満の乳児にはハチミツやハチミツ入りの飲料・お菓子などを与えないようにしましょう。

詳しくは、厚生労働省「ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから。」

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000161461.html

を参照ください。

 

 

 

お問い合わせ

羽島市役所健幸福祉部子育て・健幸課

電話: 058-392-1111

ファックス: 058-391-5934

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?