ページの先頭です

青少年健全育成

[2018年5月17日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

羽島市青少年育成市民会議 

 

1 組 織

羽島市青少年育成市民会議組織図

2 人数と委嘱(平成30度)

① 青少年育成推進指導員  市で    1名 (市長推薦/県知事委嘱)
② 青少年育成推進員      市で    24名 (自治会長、コミュニティセンター館長推薦/市長委嘱)
③ 青少年育成員       市で 324名 (自治委員推薦/市民会議会長(市長)委嘱)

 

3 青少年育成推進員の活動について

・ ボランティアである
・ 青少年団体活動に対する指導、助言
・ 「家庭の日」の普及徹底
・ 青少年に対する相談、指導
・ 社会環境の浄化運動
・ あいさつ運動                                                                                                                                                                                  ・ 小さな親切運動
・ 花いっぱい運動 など

 

4 青少年育成員の設置の目的

 羽島市のすべての青少年が健全に育成され、すばらしい社会人として成長するために各地区に青少年育成員を設置する。
 それぞれの地域は、青少年育成員が中心となり、地域の実情に即した青少年の健全育成に関する活動計画を樹立し、地域ぐるみによる実施を図って、明るい羽島市づくりをその目的とする。

 

5 青少年育成員の活動について

 青少年育成員は設置の目的を達成するために、青少年育成推進指導員、青少年育成推進員及び自治委員、コミュニティセンター館長と連携を密にしながら、関係諸機関や団体等との協力を得て、地域内の実情に適した活動を行うことにより、地域内の青少年の健全育成活動の強力な推進を図る。

・ ボランティアである
・ 青少年育成活動の推進
・ 青少年に対する相談・指導
・ 青少年についての話し合い集会の開催
・ あいさつ運動の推進
・ 家庭の日の普及・徹底
・ 有害環境の浄化 (不良図書の追放、有害広告物などの除去)
・ 青少年団体活動の奨励・援助

・ 子どもの遊び場の点検と整備
・ 青少年育成のための諸団体への協力

 

6 市民会議運動方針

《平成30年度 羽島市青少年育成市民会議 運動方針》

【基本認識】
 羽島市の将来を担う青少年が心身共に健康で人間性豊かに成長し、「心安らぐ 幸せ実感都市 はしま」を築いていくことは私たち羽島市民の共通の願いです。平成26年4月より「羽島市子どものいじめの防止に関する条例」が施行され、いじめを深刻化させない施策や子どもたちが安全で安心して学ぶことのできる環境の整備について、学校だけでなく、家庭、地域ぐるみで進めることが求められています。 

 幼年期・少年期を経て成長する青少年の自立の意欲を支え、生き生きと活動できるように支援するには、家庭・地域・学校が互いに連携しながら、責任をもってそれぞれの役割を果たしていく必要があります。

 言うまでもなく、青少年にとっては、家庭や地域の人との触れ合いが多ければ多いほど生活の充足感は強く、私たち大人が青少年に期待している思いやりの心や感動する心などの豊かな人間性、行動力、協調性などは、学校生活だけでなく、家庭や地域の人との触れ合いの中で培われていきます。

 青少年の健全育成にかかる教育の基盤は家庭にあること、ならびに地域社会には保護者の責務を支援する役割が期待されていることを強く認識し、関係する組織や団体、個人がそれぞれの立場で責任を果たしつつ、相互に協力しあわねばなりません。


【基本方針】
 『大人が変われば、子どもも変わる』のスローガンのもと「みんなが先生になろう」運動を積極的に推進し、一人ひとりが、大人として、家庭で暮らし地域社会に生きる人として、それぞれの立場から自発的に青少年に関わり、青少年育成市民運動を推進する。

【重点目標】                                                                                                                                 1 大人が変われば、子どもも変わる「みんなが先生になろう」運動の推進
2 市民・地域ぐるみの「あいさつ運動」の展開
3 青少年をはぐくむための、心ふれあうあたたかい家庭づくりの推進

4 青少年の地域活動・ボランティア活動の奨励と個性を伸ばすための少年団体、グループ活動の充実
5 非行・被害防止対策・社会環境浄化活動の徹底
6 携帯電話・インターネットの安全で安心な利用の推進

    

7 大人が変われば、子どもも変わる ~“みんなが先生になろう”運動~ について
      
 見守り、声をかけ、愛情を注ぐ大人がまわりに多くいること
 そんな環境が、子どもたちの心と生活姿勢を健全にします

 子どもたちは、だれもが                                                                                                                
 『かがやく自分になろう』
 『人とともに生きよう』
 『いのちを感じよう』
 『みんなと気持ちよくすごそう』
 こんな願いを根っこに持っています
 それが、芽を出し花開くには、市民のみなさんの支えが必要です
 みなさんには、大人としての良識や豊かな経験があります
 それらを結集し、あらゆる場で子どもたちに働きかけること


      
 これが “みんなが先生になろう”運動です


      
 羽島市青少年育成市民会議では、子どもを育む環境づくりを目指して、
 『大人が変われば、子どもも変わる“みんなが先生になろう”運動』を
 市民運動として進めます。
 推進に当たって、「共通行動」を表しました。
 みなさんのご協力をお願いします。


      
      
 □家庭では、保護者のみなさんが“先生”です
 ① 子どもに家族の大切な一員であることを教えます
 ② 子どもに約束やきまりを守ることを徹底します
 ③ 子どもに感謝と思いやりの心を育てます
 ④ 子どもに夢や希望を持たせます
 ⑤ 子どもの心の居場所となる温かい家庭を築きます


      
 □地域では、そこに暮らすみなさんが“先生”です
 ⑥ どの子にも毎日あいさつをします
 ⑦ どの子にも良いことはほめ、悪いことは叱ります
 ⑧ どの子にも地域を愛する心を育てます
 ⑨ 地域で子どもたちを守ります


      
 □学校では、出かけてくださるみなさんが“先生”です
 ⑩ 子どもの豊かな「まなび」をお手伝いします
 ⑪ 子どもに個性をみがく大切さを教えます


      
 □各種団体活動では、たずさわるみなさんが“先生”です
 ⑫ 子どもに楽しい体験と活躍の場を与えます
 ⑬ 子どもに目標に向かう  くじけない心を育てます


      
 「先生」とは、大人としての良識と豊かな経験をもとに、子どもたちにさまざまに働きかける人をさしています。
 

 羽島市・羽島市教育委員会・羽島市青少年育成市民会議

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?