ページの先頭です

市民参画による「協働のまちづくり」に向けて

[2015年6月29日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

羽島市住民参加のための条例市民ワーキングチーム会議報告書を市に提出

平成27年6月22日、「羽島市住民参加のための条例市民ワーキングチーム」の坂本光男座長が、検討結果をまとめた報告書を市に提出しました。

自治会の代表者などで構成されるこのワーキングチームは、市民と行政が協働してまちづくりを進めるための条例の制定を目指し、平成26年10月に発足しました。以来8回の会議を開催し、条例の素案を盛り込んだ報告書を作成しました。

市では、学識経験者、各種団体の代表、公募委員の皆さんで構成する「住民参加条例策定委員会」を設置し、さらに多くの意見を取り入れ、条例制定に向け検討を重ねていきます。

松井市長に報告書を提出する坂本座長

この報告書は、市役所情報コーナー、各地区コミュニティセンターに置いてあります。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?