ページの先頭です

羽島市制60周年記念式典を開催しました

[2014年10月6日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

羽島市制60周年記念式典が開催 ~幸せ実感都市 羽島へ~

 羽島市が誕生し、60年を迎えたことを記念し文化センターにて「市制施行60周年記念式典」が開催されました。式典には、県内外の市町村長や関係団体の代表者など約700人が出席し、これまでの市のあゆみを振り返り、今後のさらなる飛躍を誓いました。

 式典は、羽島太鼓の力強い演奏で幕を開け、市の紹介映像「燦幸都市はしま」の上映の後、出席者全員で市民憲章を唱和。続いて松井市長は「活力ある都市として、市の発展に尽力いただいた幾多の先人たちへ感謝します。「『心安らぐ幸せ実感都市』を将来都市像として、今後の市政発展にまい進していく。」と式辞を述べました。

 次に、加藤英輔市議会議長があいさつの後、今年度から創設した市民栄誉賞7人1団体と市政功労者表彰18人4団体を表彰し、表彰状と記念品が贈られました。

 また、アトラクションとして、羽島高校吹奏楽部によるブラスバンド演奏、羽島中学校生徒による合唱、そして、出演者全員による「羽島市民の歌」の合唱が行われ、式典に華を添えました。

 

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?