ページの先頭です

ロタウイルスワクチンの定期接種化

[2021年4月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

定期接種は令和2年10月1日から開始

令和2年10月1日からロタウイルスワクチン予防接種が法律に基づく予防接種に位置づけられました。

ロタウイルス感染症は、口から侵入したロタウイルスが腸管に感染して発症します。感染力が非常に強く、乳幼児のうちにほとんどのお子さんが感染します。
主な症状は、急激な嘔吐と水溶性の下痢便、発熱、腹痛で、回復には1週間ほどかかります。脱水症状が強い場合や、けいれん、肝機能異常、腎不全、脳症などの合併症を併発した場合には、入院が必要となることがあります。

そのため、ロタウイルスワクチン予防接種を受け、感染や重症化を予防することが大切です。

対象者

令和2年8月1日以降に生まれたお子さん

※9月30日以前に接種をした場合は任意接種となり、費用は自己負担となります。

ワクチンの種類と接種方法

ワクチンは以下の2種類があり、どちらも経口生ワクチンです。予防効果や安全性に差はありませんが、最初に接種したワクチンと同じもので既定の回数を接種します。どちらのワクチンも初回接種を出生14週6日後までに行います。

ワクチンごとの接種時期・回数
ワクチン名  ロタリックスロタテック 
 接種時期 出生6週0日後から24週0日後 出生6週0日後から32周0日後
 接種回数 2回接種(27日以上の間隔をあける) 3回接種(27日以上の間隔をあける)

※「出生○週●日後」の数え方は、出生日の翌日を出生1日後として算出します。
  例)出生6週0日後:生まれてから6回目の生まれた日と同じ曜日 
      出生14週6日後:生まれてから15回目の生まれた日と同じ曜日の1日前

予診票の配付方法

対象者の方には、事前に予診票を2枚郵送します。

ロタテックを接種される方へ

 羽島市指定医療機関で接種する場合:3回目の予診票は接種する医療機関で受け取ってください。

 広域化予防接種事業協力医療機関で接種する場合:3回目の予診票は1回目の接種日翌月に郵送します。

 上記以外の医療機関で接種する場合:3回目の予診票の発行については、保健センターまでお問い合わせください。

実施医療機関

羽島市の指定医療機関は、次の添付ファイルのとおりです。ご予約のうえ、接種してください。

市外の医療機関で接種を希望する場合は、医療機関により手続きが異なりますので、必ず事前に保健センターへご相談ください。

お問い合わせ

羽島市役所健幸福祉部子育て・健幸課

電話: 058-392-1111

ファックス: 058-391-5934

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?