ページの先頭です

羽島市民病院メディカルコラム Vol.6 「糖尿病でお悩みの人、一度ご相談ください」

[2013年6月28日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

内分泌・糖尿病内科部長 長井 孝太郎

 内分泌・糖尿病内科部長 長井 孝太郎

 内分泌・糖尿病内科では、甲状腺や副腎の病気および糖尿病などを対象に診療を行っています。
 全国の患者数が約890万人といわれる糖尿病は、血糖を下げるホルモン(インスリン)の働きが悪く高血糖が持続する病気です。神経・眼・腎機能低下や動脈硬化などの合併症を引き起こすため、進展を防ぐには、適正な血糖、体重管理がたいせつです。
 当院では、皆さんのかかりつけ医と共同した治療や、外来での糖尿病療養指導師による受診者サポート、短期間の体験(教育)入院などを行っています。
 また、糖尿病治療は日進月歩で、新たな薬が次々と開発されています。当院でも新規経口薬への切り替え・追加・インスリンを併用した治療や、血糖持続測定装置等を採用し、患者さんの病状に合わせた最適な治療法を提供します。
 糖尿病でお困りの人は、ぜひ当科にご相談ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?