ページの先頭です

守ろう地域の宝~少林寺(竹鼻町)で文化財防火訓練を実施~

[2012年1月24日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

消防士による放水訓練

 1月24日、竹鼻町狐穴の少林寺で文化財防火訓練が行われ、地域住民ら約50人が参加しました。
 これは、1月26日の「文化財防火デー」に合わせ、地域の文化財に対する防火意識を高めようと毎年行っているものです。会場の少林寺には、県の史跡に認定されている「薩摩義士義没者 家山紹珍の墓」や市指定の文化財などが残されています。
 本堂から出火したとの想定で行われた訓練では、住民による火災通報や避難誘導を実施。消防車からの放水も行われるなど、参加した住民らは消火手順を確認し合いました。

文化財の搬出訓練

万が一に備え、文化財の搬出訓練を行う参加者ら

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?