ページの先頭です

駅前公園に時計付きモニュメントを寄贈~羽島ロータリークラブ2000回目の例会を記念~(平成21年)

[2009年7月28日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

羽島ロータリークラブが寄贈した時計付きモニュメント

 羽島ロータリークラブ(大橋正徳会長)から、東海道新幹線岐阜羽島駅前公園に時計付きモニュメントの寄贈を受け、その除幕式が7月26日に同公園で行われました。今回寄贈のモニュメントは、羽島ロータリークラブの2000回目の例会を記念して約180万円で整備。クラブ員同士の友愛の和を表現した2つの半円が重ね合った形をしています。高さ約3.5メートルの部分には、気温も表示されるLED表示方式の時計が取り付けられ、モニュメント周辺には、コンクリート製のいすも設置されています。
 除幕式では、クラブ員や関係者らによる除幕が行われ、公園管理者を代表して白木羽島市長が大橋会長から目録を受け取りました。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?