愛 City はしま(市長のコラム) 第56回

[2018年11月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

愛 City はしま(市長のコラム) 第56回

 9月に襲来した台風21号では、市内4地域で停電事故が発生。公共施設の屋根がはがれるなどの被害がありました。最接近した台風24号では、幸いにも大きな被害はなく、心配された稲の倒伏も小規模に済みました。そんな台風災害が懸念された季節も終わり、実りの秋を迎えました。

 11月2日(金)から4日(日)まで、不二羽島文化センターでは「羽島美濃菊展」が開かれます。同美濃菊展は、昨年から会場を同センターに移転。当代随一ともたたえられる、羽島発祥の大輪の菊花が、色とりどりに展示されます。

 美濃菊は200年ほど前、羽島市北部に自生していた野生菊の一種で、当時は中輪の花でした。それを、現在の雅な大輪の菊に改良されたのは、太田正吾翁(正木町)でした。太田翁は明治12年、16歳の折から菊の研究に没頭。関東・関西の菊花大会を視察し、菊花の改良を学ばれました。

 そして、美濃菊と一文字菊との交配に成功。丸花弁で大輪の美濃菊を完成されました。羽島市では、昭和48年、美濃菊を市の花に選定し、保存会の方々を中心にして継承に努めています。

 3日と4日の両日は、新幹線岐阜羽島駅前通りで「ぎふ羽島駅前フェス2018」も行われます。同フェスは、昨年までのなまずまつりのメーンタイトルを、サブに移行。当市の最大イベントを、市内外の方々に一目瞭然にお知らせする祭となりました。

 実行委員会の方々が英知を絞られた主な催し物は、次のとおりです。
▽(3日のみ)東北復興支援サンマ塩焼きサービス、東北海産物物産展、大城バネサさんの歌謡ショー、統一ウルトラクイズ▽(4日のみ)仮装コンテスト、三輪車レース▽(両日)県内外自治体名産品の出店、JAまつり、ぎふうまいもん横丁、駅前マルシェ、ふれあい動物園、なまず太鼓、ステージ催し多数

 また今回のフェスに、市からご案内して参加される自治体は次のとおりです。
▽関市、各務原市、飛騨市、愛知県江南市、福井県南越前町、沖縄県石垣市、埼玉県吉川市、茨城県行方市、広島県神石高原町

 なお、隔年開催の市内優良企業による、羽島市ビジネスSHOWも併せて開きます。ご来場の際には、名鉄線をご利用されることをお勧めします。 

お問い合わせ

羽島市役所市長室秘書広報課

電話: 058-392-1112 ファックス: 058-394-0025

お問い合わせフォーム


愛 City はしま(市長のコラム) 第56回への別ルート